人気ポイントとポイントカードの評判比較

買い物をしてポイントが貯まる、お得なシステムの評判ポイントの評判いろいろです。

ここでは評判4大ポイントの評判を比較してみましょう。

「Tポイント」は使えるおショップがすさまじく沢山ので、「Tポイントカード」を持ち歩いていれば、1日1回必ず利用出来るほどの価値があると評価。

またYahooとの提携や、ソフトバンクとの連携もあり、ヤフーショッピング等、幅広く「Tポイント」が利用出来るので楽さも評価が高くなっています。

しかしながら、大半が0.5%くらいの還元率というところが、ちょっとガッカリという評価も。

また「Pontaポイント」は大体1.0%くらいの還元率があり、Tポイントよりお得感があります。

そしてリクルート系のサービスと提携したり、「dポイント」との相互交換も対応しており、ドコモ利用者にも評判が良いポイントです。

「楽天ポイント」は楽天市場を利用して貯まったポイントが、リアルなお買い物にも利用出来るため、すさまじく使い勝手が良いと評価されています。

ネット上の楽天市場で期間限定ポイントも、リアルショップ舗でも使えるので、ポイントを無駄なく使えます。

2017年8月からは「楽天ポイント」で、楽天証券で投資信託のオーダーも出来るようになったので、ますます楽になったことも評価されているところです

「楽天ポイント」を利用したケース、大半100%のレートで現金化出来るのは、「楽天ポイント」のみとなっています。

「dポイント」はDoCoMoの携帯電話の利用者にとって、すさまじくお得な点が評価されています。

ドコモ携帯電話の利用額面に応じてポイントが貯まるのも楽です。

また加盟ショップでは不定期に、ほぼ10%のポイントが付くサービスも行っており、ポイントが貯まり易いと好評です。

比較しよう! Tポイントカードについてのご紹介

今は誰もが1枚は持っているとも言われているポイントカードですが、大好評のTポイントに対してのご案内です。

多様なポイントの特徴を比較し、自分に存在したものを選択しましょう。

Tポイントは共通ポイントの先駆け的な存在で、Tポイントジャパンが運営元となっています。

2013年にはYahooポイントと統合し、Yahooの巨大オンラインショッピングモールで利用も可能なようなったことから、ますます楽になりました。

1999年にTSUTAYAのポイントカードから滑り出し。

2003年にTSUTAYAだけでなく他社にも公開したことから、今のTポイントのかたちになったのです。

「Tポイントカード」の紺地に黄色いTの言葉は、昔から知っている人も沢山おなじみのデザインです。

そういった歴史が長いため、他の大好評ポイントに比べて利用出来るショップ舗は、約23万ショップ舗とビックリするほど多く、カードを財布に投入しておけば必ず大大活躍してくれます

「Tポイントカード」の発行枚数は約1億4000万枚超と言われており、計算上はニホン人みんなが持っていることになるほど

しかしながら他の大好評ポイントカードに比べポイント還元率はお買い物に対して0.5%くらいと、ちょっと低めなところがガッカリなところと言えやうです。

有効期間は最終利用から1年。

コンビニではファミリーマート、スリーエフ等で利用出来ます。

通信関係はソフトバンクと連携、デパートは三越、伊勢丹、ガソリンスタンドはENEOSで利用可能

またストアーはYahooショッピング、ロハコ、ニッセン、衣類の青山等で利用出来ます。

ドラッグストアはウェルシア、ドラッグイレブンで利用可能。

他にも実に多くのショップ舗で利用出来るので、一枚持っていると絶対にお得です。

比較しよう! Pontaポイントカードについてのご紹介

お買い物をしたらポイントカードにポイントを貯めるという、今の時代だからこそ賢い消費者として願わくは考えていきたいことです。

自分に存在したポイントカードを比較・選択する為に、ここでは「Pontaポイント」に対してのご案内をしたいとおもいます。

Pontaポイント三菱商事系のポイントサービスで、ロイヤリティマーケティングが運営元となっています。

2014年にはリクルートポイントとの提携・統合をし、2015年に統合。

2016年には東京電力の電気代も「Pontaポイント」がもらえるようになり、利用の場がみるみる増加しているポイントです。

2015年12月からはPontaポイントと同じ共通ポイント「dポイント」と、相互交換も出来るようになりました

これによってドコモ携帯電話を利用している人にも、より利用価値が高まっていると言えます。

オンラインでは、リクルートによるポンパレモールでポイントが使えます。

しかしながらTポイントのYahooショッピング、楽天ポイントの楽天市場というのは、規模的な面で劣ってしまい、その辺が少しばかりガッカリなところと言えかも知れません。

しかしながら「リクルートポイント」との統合によって、旅行によく行く人に評判のじゃらんネット、ホットペッパー等リクルート系サービス、HMV、ヒマラヤ等でのお買い物にもお得に利用出来ます。

コンビニはローソンで利用でき、ローソンでのお買い物が沢山人にお得なキャンペーン等もおこなわれるので願わくはポイントカードを持っておきましょう。

デパートは高島屋、ガソリンスタンドは昭和シェルで利用出来ます。

Author: admin