大型デパートポイントカード2種類比較

大きなデパートの大丸百貨ストアー、松坂屋百貨ストアー、西武百貨ストアーに利用出来る、「クラブ・オン/ミレニアムカード」と「楽天カード」の比較です。

「クラブ・オン/ミレニアムカード」の入会費、年会費は0円。

使えるところは西武百貨ストアーとそごう。

還元率は2%~7%、1ポイント1円、最低利用ポイントは1ポイントから利用出来ます。

有効期限は?ポイントごとに獲得月から2年間となっています。

最低利用ポイントは1ポイントから。

キャンペーンは出現日月には、そのときの対象品物1,000円以上の買入によって200ポイント、+2%のポイントをもらえるサービス等。

「クラブ・オン/ミレニアムカード」は、前年度の利用額面によって還元率もチェンジ。

2%から出だしし、最大で7%分のポイントが還元されることになり、利用の沢山人にはよりおススメです。

貯めたポイントは手数料ゼロで、「nanaco」ポイントに変換することが出来るので、多様なところで利用出来るようになりました、。

「楽天カード」の入会費、年会費は0円。

使えるところは?大丸百貨ストアー・松坂屋百貨ストアー

百貨ストアー以外ではサンクス、ミスタードーナッツ、PRONTO等多様なところで利用出来ます。

還元率は0.5%、1%、1ポイント1円、最低利用ポイントは1ポイントから利用出来ます。

有効期限はポイント獲得で1年延長されます。

最低利用ポイントは1ポイントから

キャンペーンは提携先で多様なキャンペーンあるので、情報を確認しておきましょう。

大丸百貨ストアー、松坂屋百貨ストアーオリジナルのポイントカードも発行されていますが、還元率は同様に1%。

多様なところで利用出来る「楽天ポイントカード」の方がおススメです。

ファミマ・セブンイレブン・スリーエフのポイントカード比較

ニホンには多様なコンビニがありますが、ファミリーマートとセブンイレブンの、ポイントカード比較です。

「セブンイレブン」で使えるポイントカード「nanaco」の入会費、年会費は0円。

使えるところはセブンイレブン以外、イトーヨーカドー、西武・そごう等があります。

還元率は1%、1ポイント1円、最低利用ポイントは買入額面分のポイント全部です。

有効期限は4/1?3/31の間に獲得分は翌々年の3/31となってきます。

キャンペーンは特定のストアー舗でおこなわれることも多く、ポイント○倍等があります。

提示によってポイントを受け確保するスタイルではなく、現金をチャージしてその電子マネーとして利用することによってポイントがつくと言うものです

小銭を持つこと無くカード一枚で買い物が出来ます

「ファミリーマート」や「スリーエフ」で使える「Tカード」の入会費、年会費は0円。

使えるところはファミリーマートやスリーエフ以外、蔦屋書ストアー、TSUTAYA、旭屋書ストアー、BookLive!、Yahoo!本ストア、マイナビBO大丈夫S、三越、ガスト、ドトール等があります。

還元率は0.5%・1%、1ポイント1円、最低利用ポイントは1ポイントからです。

有効期限は最終利用日から1年間。

キャンペーンは提携先によって、多様なキャンペーンあるので情報を確認しましょう。

ファミリーマートでは、Tマネー(Tカード電子マネー)で買い物したケースポイント2.5倍と言うキャンペーンや、1か月に5,000円以上買い物したケースシルバーランク、15,000円以上でゴールドランクにUPし、ポイントが2倍・3倍になるサービスもあります。

ローソン・サンクスのポイントカード比較

全国に広がるコンビニの中のローソンとサンクスのポイントカードの比較です。

ローソンは「Pontaカード」、サンクスは「楽天ポイントカード」と、どちらも大好評共通ポイントカード利用となってきます。

ローソンで使えるポイントカード「Pontaカード」の入会費、年会費は0円。

使えるところはローソン以外、ケンタッキーフライドチキン、ゲオ等があります。

還元率は0.5、1%(ローソンは1%)、1ポイント1円、最低利用ポイントは1ポイントからです。

有効期限は最終利用日から1年間。

キャンペーンは抽選でポイントがもらえる等、多様なキャンペーンがおこなわれています。

「Tカードに継いで提携ショップを広げているので、ワイド利用価値があるのです。

またPontaカードはリクルートと提携しているので、リクルートのクレジットカードで貯まったポイントを交換も大丈夫。

「リクルートクレジットカード」利用の人にとって、非常に楽になりました。

「サンクス」で使えるポイントカード「楽天カード」の入会費、年会費は0円。

使えるところはサンクス以外、ミスタードーナッツ、大丸松坂屋、PRONTO等があります。

還元率は0.5、1%(サンクスは1%)、1ポイント1円、最低利用ポイントは1ポイントからです。

有効期限はポイント獲得で1年間延長することが出来ます。

キャンペーンは提携先によって多様なキャンペーンあります。

サンクスでは対象のパンを買入することによって「100万ポイント山分け」等のキャンペーンも。

「楽天カード」は1つのIDに対して15枚カードを創ることが出来るので、違う財布に別々に投入しておく人も沢山とのこと。

アプリケーションのバーコードでも、ポイントを貯められるので、お財布にカードを入れたくない人にもおススメです。

Author: admin