保険会社の比較

生命保険会社はたくさんあります。

どのような会社で、どんなプランやメリットがあるのでしょうか。

比較してみましょう。

人気トップ3を紹介いたします。

AIG富士生命が人気です。

この保険には、無料サービスがついているなかなか無いサービス内容になっています。

セカンドオピニオンや医療相談など、その他無料サービスがあります

特にがん保険に力をいれている保険会社で、がん保険といえば、AIG富士生命といっても良いくらいです。

こちらの保険は、持病持ちの方でも入れる保険があります。

持病が悪化や再発した場合でも、もちろん保険での給付が受けられます

見当してみてください。

次にジブラルタ生命も有名で人気です。

この保険会社は、外資系生命保険を吸収し大きくなり成功を収めている保険会社です。

大きなメリットは、死亡保険です。

なんと死亡保険即日払いのサービスがあります。

しかし、即日払いには上限額は決まっており、500万円までと制限はあります。

それでもあり得ないサービス内容です。

この2社を抑えて人気が高いのが、第一生命です。

この日本の生命保険会社の中でも、最も歴史の長い保険会社です。

長い歴史は、やはり信用があると繋がっていきます。

第一生命のメインオススメプランは、特定疾病になると保険料免除となるプランをもっているのは大きいです

状況にあったプランが沢山ある為、複数のプランを自分で選び組み合わせることのできる保険会社です。

是非ご検討ください。

国民健康保険料

会社員の保険は社会保険に加入している方がほとんどですが、一部の企業には社会保険が無い企業さんもあります。

そんな企業に勤めていらっしゃるかたは、国民健康保険に加入するしかありません

思いつくことは、社会保険料金はやすい、それに比べ国民健康保険は料金が高いとお思いでしょうが、その通りです。

ではなぜそうなるのでしょうか。

社会保険は保険料の半分を会社負担、残りの半分を従業員が負担するので、料金が安くなっているのです。

国民健康保険は、全額個人負担になるため、社会保険と比べると高額になるのはそのためです。

国民健康保険に加入されている方は、全体の4割程度が無職者や年金所得者です。

他の6割の方は、個人事業主や農林水産業の方々でしめています。

一部、扶養家族で国民保険に加入されている方もいらっしゃいます。

この国民健康保険には、上限額が決まっており、収入が多い方も上限額までなので、その点に関しては安心です。

それでも低所得者からすると国保料金は高いと思いますね。

この仕組みで言うと、低所得者と高額所得者はそれなりの金額かなと思いますが、その中間で、中間所得者の負担額が一番大きいことになります。

どちらにせよ、社会保険よりも高額なことには変わりはありませんが、もう少し国保料金の見直しもあってもいいのかなと思います。

ただでさえ大変な高齢者や個人事業主の負担を、もう少し軽くしてもらう事も考えてもらいたいと思います。

保険選びは大変です

何の保険にしろ会社や保険プランを選ぶことは、簡単ではありません。

なんでもいいやと考え、せっかくの保険に適当に加入する人はいないと思います。

わざわざ自分で毎月の保険料を支払うのに、どこの保険会社でもいいや、別にどんなプランでもいいやと考える人はいないでしょう

では、しっかりと選ぶ作業をしなければなりません。

保険は保証が大切です。

保証内容を知っておく必要があります。

いざという時の為に、どんなプランがあるのか重要になり、入り方も考えないといけません。

何の保険に加入するにも、必ずポイントとなってくる所があります。

そこを調べて理解した上で加入しておかないといけません。

保険の種類にも、医療保険をはじめ自動車保険やバイク保険に火災や地震保険と沢山の種類があり、それを扱う保険取扱店が競争しています。

競争していると言うことは、それぞれが同じプランや料金ではないということになります。

ご自分がメインと考える保険種類に適した保険会社を選ぶことが正解への近道となります

家庭をもっていらっしゃる方は、もちろん保険の大切さがわかられていると思いますが、独身者には、まだ理解が足りないように思えます。

若いと保険料金がもったいなく感じてしまい、その分を貯蓄に回したい。

遊びのお金として使った方が楽しいなど思っておられる方は、多くいらっしゃいます。

貯蓄に回したいとの考えは、分かる様な気がしますが、保険も貯蓄タイプがあるので、是非考えていただきたいです

Author: admin