火災保険とは

各種保険は様々ですが、その中でも今回火災保険についてご紹介いたします。

所有している建物には火災保険をかけておきましょう。

戸建、賃貸共に保険をかけておく必要があります。

戸建だともちろん所有者が、加入しておく必要がありますが、アパートなどの賃貸はどうなのでしょうか。

賃貸アパートでも年間や二年間契約で火災保険に入らなければなりません。

ではどちらの保険会社がよいのでしょうか。

案内します。

AIU保険が人気です。

この保険は、自分の好みにアレンジすることができます。

また火災以外にも地震保険もありますので、どちらも加入または、どちらか加入どちらでもOKです。

この保険の特徴は細かく見分けることができますので、その点から選べます。

自分に必要なもの不必要なものを選択し、自分好みの保険を作りあげてください。

次にセゾン自動車火災、じぶんでえらべる火災保険の紹介です。

この保険はインターネット加入ができます。

まさしくじぶんでえらべるのです。

ここ最近では、自分自身で選ぶ保険が人気なのですが、それをインターネットで出来てしまうのが、この保険の特徴です。

訪問者や担当者が案内し進める時代ではなくなってきているようです。

最後に三井住友海上保険です。

これは、戸建て住宅の2世帯や3世帯住宅の方へおすすめ保険です。

合理的なプランができることで人気があります。

賃貸よりも戸建てに強い保険なので、あてはまる方は、是非ご検討ください。

保険見直しポイント

保険には、入りすぎていても、少なく入りすぎていても損をしていることがあります。

そこをどのように見分けるかが大切になります。

今回は、このようなポイントを見直していきましょう

まず保険料の金額を見なおしていきましょう。

他社にも同じ様な保険内容の様なものがあります。

金額を比較してみましょう。

そこで引っかかるようなら、他社のプランも検討しましょう。

料金だけを見なくても、状況での見直し方もあります。

まずは結婚したタイミングで気になりだす方が多いようです。

結婚すると自分が守るべき人ができます。

その人をどのように守るかを考えだします。

そんな時に保険が守ってくれますので、このタイミングでの見直しは、ベストではないでしょうか。

その後、お子さんが産まれ家族が増えることになります。

幸せなことですが、それなりにかかる費用もあります。

この時に、保険料の引き下げを検討しようと思う方もいらっしゃれば、逆に引き上げを検討される方もいらっしゃいます。

どちらも正解だと思います。

厳しい生活の中で、高額な保険料で苦しめられるのも考えものです。

最低限の保険でも十分なことだってあります。

余裕のある方は、当然引き上げを検討されるでしょう。

それに越したことはありません。

子育て終わり、ひと段落したときは、また考える時期になります。

今後の奥様との老後生活をメインに考え、料金や内容を再度検討するタイミングではないでしょうか。

数年で見直し時期がくるようです。

保険見直しは時期がある

皆さんなんとなく加入している保険ですが、これには生きていく中で見直しした方がいいタイミング、時期があることをご存じでしょうか。

あまり気にしていないのが現実だと思います。

とりあえず入っていれば安心しているのが本音でしょう。

しかし、もしその保険は、損をしていたらどうでしょう。

だまって払い続けますか?もったいないですよね。

簡単に考えるとそんな考えになりますが、素人判断も危険です。

まずは、気になった時点で今現在の保険会社以外の資料を、請求してみるのはいかがでしょうか。

色んな保険会社の資料は請求をかければ自宅に届きます。

家族でゆっくりじっくりと見直すのも良いですね。

なんとなく考えているくらいで、なかなか保険取扱店までこちらから出向くのは、なかなか行きにくいと思います。

しかし、知っていましたか?保険会社の相談員は自宅まで来てくれるところもあります。

信用できそうと判断したら、素直に相談してみるのも正解でしょう。

保険といっても各保険種類があります。

それぞれの保険によって見直すのは大切ですが、高額な保険料を支払いしているものから見直していくのも良いでしょう。

方法は一概にはいえませんが、やはり専門家に話すのが一番でしょう。

面倒くさいでしょうが、このまま不必要なお金を支払い続けますか?それとも、しっかり見直して浮いたお金を貯金や生活費にまわしますか?ショッピングセンターなどでもお知らせをしている時がありますので、一度足を止めてみてはいかがでしょうか。

Author: admin