生命保険の見直し知識

何と無くになっている生命保険。

実はとっても損をしていたらどうですか?損といっても捨て金というわけではありません

しっかりと保険のために支払っているので、悪いお金の使い方ではありません。

ただ、ここで言いたいのは、保険会社も続々と新しいプランを誕生させています。

それに乗り遅れていると、昔のプランのまんまになっていると言うことです。

保険会社もなかなかすべてのお客様に、新しいプランがでましたよ。

と声かけするわけにもいきません。

しかし、昔のままになっていては、今と比べるとそんなに良くないプランに毎月高額な保険料を支払うことに、今後もなっていきます。

新プランは、保証内容もどんどんよくなり、しかも月々の支払いは、安くなったりしています。

これでは、旧プランのままでは、もったいなくないでしょうか。

このようなタイミングで、担当者が提案してくれれば、内容を聞く時間をとられるときっかけになりますね。

しかしながら、まったく知らない素人だと、いつ新プランでたかなど、知るわけもありません。

せめて保険の更新は案内がくると思うので、そのような時期には、こちらからも声かけしてみるといいかもしれません。

見直してもすべての人に、いい条件がくるとも限りませんが、しないよりしたほうが断然いいでしょう。

その他、私生活や職場でのトラブルがあったときも、せめて担当者に連絡をいれておいた方がいいです

保険料が毎月重い負担になるときもあります。

そこは、担当者としっかり話し合いする必要があります。

生命保険を比較してみよう

皆さんの大切なお体の為に、今回は生命保険を比較していきます。

生命保険会社の比較ではなく、まず大まかな基本的な事から比較していきます。

まず、良くお聞きになられるかと思います。

掛け捨てと積立の違いを学びましょう。

では掛け捨てタイプの特徴から説明いたします。

この掛け捨てタイプは、保険料が安く保険会社保障の分を支払う感覚でなりたちます。

保険に加入する保険料のみの費用を支払うことで、保険料金を少なくしているということです。

このことから、掛け捨てタイプの安い費用を実現させているのです。

逆に悪い点ですが、この言葉のとおり、掛け捨ては支払った保険料は戻ってきません。

また、掛け捨ては一定の期間で保障が切れてしまう物もあります。

注意するべき点もあるので覚えておきましょう。

そしてもう一つの、積み立てタイプですが特徴からいうと、解約返金分が発生します。

わかりやすくいうと、掛け捨ての保証金額にプラスして毎月の保険料を支払っていきます。

それが積みたてとなって解約時に返金されるということです。

保険の保証料にプラスして毎月支払いをすることはもちろん掛け捨てよりも、料金は多くなります。

しかし、満期時には、予想していたよりも返金額が多いことが、多々あるそうです。

月々余裕のある方は、こちらの積み立てがいいですね。

保険というと、やはり気になる保険料は、毎月支払うものです

支払える金額を選択しておかなければ意味がありません。

Author: admin