労災保険

保険の種類には、労働災害保険というものがあります。

今回は、この労災保険についてご説明いたします。

厚生労働省が管轄をしている労災保険ですが、これは何の保険なのでしょうか。

これは、職場での作業が原因で、ケガをしてしまったときに適用される保険になります

労働災害と認められた場合に、国から保険金の支払いを受けることができる保険です

これが労災保険制度といいます。

国の法律では、企業に勤めている以上、従業員を一人でも雇っていたら、その企業は労災保険に加入しないといけないと法律上決まっています。

これは企業の問題の為、労働者が何らかの手続きをしないといけないものではありません。

これはあくまでケガによるものなので、勤務中も病気などは関係ありません

あくまで勤務中のケガのみに適用されます。

民間企業はこのような流れになりますが、公務員は少しちがうようなのです。

基本的なものは変わりはないのですが、手続きや管轄が民間企業とは違うようです

公務員については、地方公務員や国家公務員でも制度が分かれています。

どちらにしても、労災保険はあります。

労働者は安心して仕事に専念できる企業に勤め、企業は社員に安心して勤めてもらえる企業を作らなければなりません。

職場は、会社と従業員で成り立っいる為、従業員が会社を信頼してこそ、良い仕事ができます。

労働災害は起きないことが最優先ですが、注意していても起きてしまうことがあります。

最小限にとどめておきたいものです

年金保険

今回は、数ある保険の中から年金保険について紹介いたします。

詳しく説明いたします。

まず、この年金保険は、働ける若いうちに年金保険料を支払います。

その後、働けなくなった老後に過去に支払った年金料金から年金保険として受け取ることができる保険になります。

簡単に説明するとこのような回答になります。

働いていた時に、加入していた年金にも種類があり、その種類によっても加入時の年金支払い額も違えば、将来の年金受給額も変わってきます。

これには、国民年金と厚生年金と二つの年金で変わってくるのです。

国民年金は、厚生年金に加入できない、もしくは加入しない方が入る保険です。

この多くは、個人事業主の方が多いです。

この国民年金でも、老齢基礎年金や障害基礎年金、遺族基礎年金と沢山の保障が受けられます

老齢基礎年金とは、65歳以上の年齢になると受けられる、良く一般的に口にする年金のことをいいます。

障害基礎年金は、病気やけがなどで、重症になり後遺症が残ってしまったときに受けれる年金です。

この年金からは、あまり知られていないようなので、覚えておくと良いですね。

受給金額は、ケガの程度や後遺症の度合い、子供さんの人数などで変動しますので、一概にはいえません。

最後に遺族年金です。

これは、年金加入者が死亡してしまった場合に適応となる保険です。

悲しいことですが、残された家族の為に遺族年金として支払われます。

年金保険とは、このような年金の種類から成り立っています。

保険に助けられた

皆さん各種保険に加入されていらっしゃると思います。

その保険に助けられた経験はありませんか?日頃は、保険料金の支払いがもったいないと思ったことが、誰でもあると思います。

しかし、一度保険に助けられた経験がある方は、その大切さが分かられているでしょう。

車の事故による保険の適応はどうでしょうか。

ご自分の車、相手の車がボロボロになりました。

最悪、自信の体もケガを負ってしまい最悪の状態になったとします。

車の修理費用、通院費用など莫大な費用がかかることになります。

そんな時自動車保険に加入しておくと、保険加入状態にもよりますが、そのほとんどが保障されます。

自分の車を二の次と考えても、相手の車を自分で保障するとなると、とんでもない金額になります。

そんなお金あるわけがありません。

そこで、毎月毎月積み重ねしてきた保険の登場となります。

本当に生きた心地がしなかった状態から抜け出せた感覚です。

この時には、本当に入っていてよかったと思えるでしょう。

病気で入院してしまい、長期入院となると仕事ができず収入はありません。

そんな状態では、治療に専念することすらできません。

そこで登場が生命保険です。

入院一日につき、いくらと保障があります。

この日額の保障金額次第では、普段の仕事の日給よりも高くなる方もいらっしゃるようです。

もちろん保証料が高くなると、掛け金も高くなります。

そこのバランスは普段の支払い状況を見ておかなければなりませんね。

Author: admin