このサイトには広告が含まれます。

エンディングノートで元気なうちに葬儀を考える/葬儀に対するプランニング

生きているうちに自分の葬儀をどのように行いたいのかを考える方が増えています。

人生の締めくくりをどのように行うのか、本人や家族も含めて納得のいくものにしたいと考えるものです。

葬儀に対するプランニング/エンディングノート

自分の死を迎えた時、どのような形で葬儀を行い、どのような人たちに見守られて送られたいのかを生前に考えておくと心強いものです。

葬儀の金銭面で準備をする

残された家族のために金銭面で葬儀の心配をかけたくないというのが大きな動機にあるようです。

その場合生命保険を葬儀の費用に当てる、貯金で賄う、互助会に入っておくなどの準備をしている方が多くあります。

金銭面以外の準備も必要

葬儀に対する費用面だけでなくどのようなスタイルで自分が納得できる葬儀のあり方というものを残された者に対して記録しておくということは非常に有効です.

残されたものは突然やってくる葬儀について、予備知識のないまま葬儀社の言われるままに多額の費用を使ってしまいがちです。

現代では核家族化が進み、菩提寺を持たない無宗教の家族が増えています。

現代の日本では自分の葬儀について家族や親しい友人だけで小さくこじんまりと行ってほしいと考える人は多くなっています。

葬儀社もそのような要望に応えて家族葬のプランを用意しています。

人生の最後において残された家族へ向けて自分の希望をエンディングノートなどに記録しておくのは非常に役に立つものです。

自分の希望を分かりやすく記録に残して元気なうちに家族に伝えておくということが有意義な人生の終わり方と考える人が多くなっています。

エンディングノートに葬儀のプランニングを

エンディングノートというものが多数市販されています。

これからの人生についてのプランニング、人生の終わり方についての考え方、葬儀に対する自分の希望などを具体的に記録しておくものになります。

家族葬の場合は本人が希望していても、親族が世間体を気にするあまり葬儀の方法について意見が分かれるといったことも多々あります。

そのような場合にも本人の意思が明確に記録されてあれば、そのような親族を説得する材料として役に立ちます。

エンディングノートの葬儀のプランニングの部分については、葬儀に参列してもらいたい人の名前や連絡先をまとめておきます。

また、亡くなった事を知らせてもらいたい人の名前や住所などを具体的に記録しておけば残された家族も迷いなく行動が取れます。

さらに自分自身の生い立ちや経歴など自分の人生に対する考えなどを残された家族や知人に知らせたい内容をまとめておくのも良いでしょう。

エンディングノートは、今までの人生の自分史をまとめるツールとなります。

残された人生を何を重点的に優先していくのかと言う再確認のツールともなります。

正式な遺言書とは違いエンディングノートは法的な効力はありません。

しかし、残された家族にとっては、個人の意思が明確に記録されてあれば迷うことなく葬儀などの儀式を行い安心して見送ることができます。

ですからエンディングノートを完成したところで家族に知らせて分かる場所に保管しておくことが重要です。

考えが変わった時にはいつでも書き直せばいいのです。

葬儀の準備を予約しておく生前予約、生前契約

エンディングノートは完成して、希望通りの葬儀を行うために自分自身で葬儀の予約をする方も増えています。

葬儀社の互助会などに加入する方もいます。

葬儀の内容や費用について、生前に葬儀社や葬儀団体に予約や契約をしておけば自分の希望通りのものになる可能性が高くなります。

生前予約については葬儀社や共済団体によって様々な手続きの方法があります。

互助会のように入会金や月々の支払いが発生したりすることもあります。

葬儀の予約までするには及ばないけれども希望に沿った葬儀社やプランを指定しておくという方法もあります。

突然やってくる人生の最後について残された家族が迷うことなく、故人の希望通りの葬儀を行うためには、必要なことであると考える人が多くなっています

生前に葬儀の予約や契約をするときの注意点

エンディングノートが完成して葬儀についての考えがまとまったところで金銭的な負担が生じる生前予約や生前契約をするときの注意点があります。

金銭的な負担がある場合については、考えが変わった時の解約や契約変更ができるかなどの内容証明を確認しておく必要があります。

また、葬儀の内容についても形式や規模演出などの具体的な内容についての変更が出来るかどうかも確認が必要です。

契約金や予約金などまた月払いの支払が発生したときなどの費用面について、物価の変動についての料金対応、保証期間なども金銭的なトラブルを発生させないように確認しておくことが必要です。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥1,227 (2024/02/22 16:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

家族葬の無料資料請求をおススメします。

家族葬を行っているところでは、事前に資料請求するとしっかりとした解説書やエンディングノートなどを無料で入手することができます。

また、事前に資料請求すると大幅な割引があるところがほとんどです。

数社の内容を検討するには、まず無料で資料請求をすることを、おススメします。

下記のところでネット経由で資料請求の申し込みができます。1日~2日ほどで届けられます。

「よりそうお葬式」の資料請求

こちらは、[PR]よりそうのお葬式 で資料請求してみたものです。

よりそうお葬式

「お葬式読本」「お葬式の選び方」や割引の案内などがすぐに届きました。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]よりそうのお葬式

 

「心に残る家族葬」の資料請求

こちらは、[PR]心に残る家族葬の資料請求したものです。

心に残る家族葬

丁寧な会社のご挨拶、お葬式プランの案内、「エンディングノート」が送られてきました。

エンディングノートは充実した内容です。市販のものを買う必要はなくなるくらいです。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]心に残る家族葬

家族葬をプランに組み込んでいる案内です。もしもの時に慌てないように、各社資料請求をしておいて比較検討すると心強くなります。

資料請求は、全て無料です。

家族葬とは?費用や流れ?どこまで呼ぶの?葬儀会社選びの注意点
家族葬とは、大規模な葬儀ではなく、家族や近親者のみで行う葬儀のことです。 一般的には弔問客が来ないため、遺族が対応する必...
家族葬の型式別解説/宗教式、無宗教式、自由葬(火葬式/通夜葬/自然葬散骨/生前葬)
家族葬で一般的に多いのは仏式の葬儀になります。 家族葬は、身内やごくごく親しい人たちの少人数で行う葬儀です。 今までの葬...
葬儀を行わないで見送る/火葬式/直葬/荼毘葬
ここでは火葬場でのシンプルなお別れの儀式を行い火葬するという家族葬の考えをまとめてみます。 火葬式の背景/火葬式/直葬/...

 

家族葬の悩みはこちらへ
【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
[PR]
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
[PR]
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応
お墓探しや自然葬は
全国海域対応,粉骨費用込み,追加費用なしの安心の葬送業者は【みんなの海洋散骨】
[PR]

全国の海域に対応する数少ない散骨のプロの業者です。

  • 海域,土日祝同一料金のため、場所や日柄によって費用が変わることはありません。
  • 粉骨込みで追加費用は一切ございません。
  • 豊富な手元供養品もご用意
  • 一部を分骨して身近においておくことも可能です。
  • GPSを記録した散骨証明証をお届けいたします。
  • 10年以上、全国で1000様以上の豊富なサポート実績がありあり
  • 墓じまいを検討されているご遺族

海洋散骨という供養の形はまだまだ新しいです。 しかし、海に囲まれる日本において、今後お墓だけではなく、供養の形として選ばれる海洋葬での供養を

お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による粉骨・散骨サービス
[PR]

▼粉骨とは
粉骨とはご遺骨を専用の粉砕機に入れ木目細かいパウダー状にすることです。パウダー状にすることで容量が4分1ほどにコンパクトになりますので、ご自宅に保管し手元供養に向いています。また、樹木葬などにも適しており、粉骨することで葬送の選択肢が増えます。

▼散骨とは
散骨とは葬送のひとつでお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため年々利用者が増えております。粉骨したご遺骨を、お客様に代わり東京湾沖にて代理散骨します。

■サービス
ミキワの粉骨・散骨サービスはご遺骨の引き取り(訪問)、郵送、来社にてお預かりし、綺麗に洗浄後しっかり乾燥させて木目細かいパウダー状にします。

散骨をご希望の方は担当スタッフがお客様に代わり、東京湾沖にて代理散骨いたします。

ご遺骨の郵送費はすべてミキワが負担いたします。

・お墓が購入できない方。
・墓じまい後、ご遺骨の供養先がみつからない方。
・遺骨を手放すことができない方。
・お墓に入りたくない方。
・海に散骨したい方。

小型クルーザーでの家族だけの海洋散骨シーセレモニー
[PR]
  • 海洋記念葬シーセレモニーは小型クルーザーを貸切での海洋散骨サービスです。
  • 親しいご家族だけの貸切で散骨なので故人様との最後の時間を大切にしながら送り出していただけます。
  • 貸切での海洋散骨を行う他社は25万円程度が相場のところ9万円から可能。
  • 墓じまいや費用を掛けずにご供養したいという時代のニーズにお応え。
  • 故人様が生前に海が好きだった、その意思を汲んで海洋散骨される方が多いです。
  • 様々な事情からお墓に入りたくない、広い海に散骨してほしいといった要望もあります。
  • 決まったお墓を持っていない方や、費用を抑えて供養したい方。
お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による墓じまいサービス
[PR]

▼墓じまいとは
墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。
お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由で墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。

お墓のミキワの墓じまいサービスはお墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットにしました。
墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配もお任せください。ご相談・お見積りは全て無料です。

老舗墓石見積もり比較サイト「墓石ナビ」
[PR]

墓石ナビは全国の優良石材店からの一括見積りが無料で出来るサイトです。

サイト開設から10年近く毎年、2,000件を超えるお問い合わせを頂いております。

墓石の購入・墓じまい等を検討している方へ

石材は各業者の得意不得意が極端にあるため、見積もりにばらつきが出やすい業種なので複数社で同一の要望を出して比較検討を行いましょう。

遺品の整理はこちら
出張買取専門の【遺品の整理屋さん】
[PR]
  • 遺品整理と生前整理を専門に対応
  • 通常の業者と違い、買取知識にたけて、他社遺品整理業者よりもお安く作業
  • もともと買取の会社ですので逆に買取金額をお渡しするケースのほうが多い
  • フットワークの軽さを売りにしているので急なご不幸の際にも最短30分で出張査定の段取りを行います。
  • 出張費、査定費は、もちろん無料です。
【累計お問合わせ数10万件突破!】<遺品整理>業者ご紹介サービス【EMEAO ! 】
[PR]

EMEAO!(エミーオ!)は 「完全無料で簡単・スピーディーに、要望に合った優良業者の紹介を受けられる 高品質の業者探し代行サービス」です。

ユーザー様は5分ほどのヒアリングに答え、業者からの連絡を待つだけ。

コンシェルジュが第三者機関審査済みの優良な登録500社から 希望に合う業者を厳選し、最大8社・平均4社紹介します。

ユーザー様は発注先探しを丸投げいただけるので、 手間なくスピーディーに最適な業者を見つけられます。

EMEAO!は完全無料のサービスで、発注は必須ではありません。

お気軽にご利用いただけます。

家族葬
ふぁみりをフォローする
KazokuSou
タイトルとURLをコピーしました