このサイトには広告が含まれます。

家族葬とは?費用や流れ?どこまで呼ぶの?葬儀会社選びの注意点

家族葬とは、大規模な葬儀ではなく、家族や近親者のみで行う葬儀のことです。

一般的には弔問客が来ないため、遺族が対応する必要がなく、遺族の負担軽減が期待されます。

家族葬は参列者が少ないため、広い会場を確保する必要がありません。

これもコストダウンにつながると期待されています。

しかし、現実には家族葬に対する誤解が多いのも事実です。

家族葬とは?家族中心で少人数の葬儀

一般的な葬儀では、参列者から遺族が香典を受け取るので、費用はそれほど高くなりませんが、

家族葬では、遺族が香典を受け取らないので費用が高くなるケースもあります。

日本全国で行われるようになった家族葬ですが、その考え方に誤解があり、後々トラブルになるケースもあるようです。

「狭い部屋に多くの弔問客が訪れた」「連絡がつかず、お別れができなかった」という声も聞かれます。

これは、お互いの認識のズレから起こるトラブルです。

家族葬は一般的な言葉として認識されていますが、その実態には誤解があります。

故人の社会的立場を考えると、家族葬で十分なのかという問題もあります。

大切な人を亡くしたばかりの家族に判断を委ねるのは、とても難しいことです。

葬儀の進め方について、社会に知識を広めていくことが大切でしょう。

葬儀社選びでは、トラブル、費用負担などの面で家族葬の経験豊富な業者を選ぶ必要があります。

【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
[PR]
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
[PR]
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応

家族葬を行うには/密葬、本葬との違いは?

家族が亡くなると、葬儀を行わなければなりません。

当然ながら、葬儀社に相談することになります。

そこで、家族葬にするかどうか聞かれます。

家族葬とは何か、メリット・デメリットは何かという説明を受けることになります。

なぜこのような説明があるかというと、「家族葬」という言葉の意味が社会的に一般的ではないからです。

家族葬とは、その名の通り、家族や近親者以外を弔問に呼ばず、家族だけで行う葬儀のことです。

家族の人数が少ないので、葬儀場も小規模で済みますし、弔問客の対応も必要ありません。

当然、葬儀の費用も安くなります。

また、日程や時間の調整もしやすい。

密葬は、家族葬と誤解されがちです。

密葬では、葬儀の後に本葬が行われます。

本葬とは、弔問客をお招きしてのお葬式のことです。

葬儀社の広告やパンフレットには、よく「家族葬は費用が安い」と書かれています。

しかし、実際には、場所が限定され、葬儀の流れに違いがないため、必要な費用はほとんど変わりません。

弔問客の香典がない分、家族の負担は増えます。

家族葬の費用について/注意点は?

葬儀社の広告を見ると、一般葬よりも家族葬の方が安価であることがわかります。

最近では、「大勢の弔問客を相手にするのは大変だから」という理由で、家族葬を選択する人が多いようです。

しかし、葬儀社はどの会場を使っても同じ費用が発生しますし、祭壇などもあらかじめ作ってセットしておくだけです。

極端なコストダウンは考えにくいところもあります。

それでも家族葬を希望されるのは、退職してかなり経ち、会社の人たちとの付き合いがなくなってきた、あるいは家族が高齢で弔問客に対応しきれないなどの理由があるのでしょう。

では、具体的に家族葬にかかる費用を見てみましょう。

実際に葬儀が必要になる日を想定するのは現実的ではありませんが、一般的に知っておくことは重要です。

大きな精神的ショックを受けている状態では、葬儀社との打ち合わせなど冷静な判断ができません。

もちろん、葬儀社によって費用の差はありますが、その場で価格交渉ができるような状況ではない方が多いので、葬儀社が提示した金額が実際の費用となります。

弔問客100人程度の一般葬の場合、費用は120万円程度。

これに対し、家族葬は約半額の60万円前後です。

日頃からパンフレットなどで費用を調べておくことが大切です。

家族葬のプラン/一般的なプランは通夜と本葬

多くの葬儀社で様々なプランが用意されています。

故人の社会的地位や遺族の職業によって、葬儀のやり方が違ってきます。

家族・親族数名で葬儀を行いたい方は、家族葬を行います。

葬儀の形式は日本全国で同じではなく、宗教や仏教の宗派によって若干の違いがあります。

葬儀社では、残された家族や友人にとって有意義な葬儀になるようなプランを用意しています。

具体的なプランは葬儀社との打ち合わせで決まりますが、ここでは一般的な家族葬を紹介します。

家族葬のほか、本葬の前日に通夜を行うのが一般的ですが、通夜を行わない1日葬プランもあります。

もちろん、その方が費用を抑えることができますが、故人の葬儀に参列したかった方への連絡が間に合わなくなるケースも少なくありません。

家族葬の一般的なプランは、通夜と本葬です。

葬儀の流れは一般葬と変わりませんが、多くの弔問客が来ることを想定しないのであれば、家族葬で問題ありません。

会社や友人への連絡がない場合は、近親者のみで葬儀を行うことも可能です。

葬儀を故人を取り巻く社会全体の儀式と捉えるか、家族だけの儀式と捉えるかによって、選択が変わってくるのです。

社会的地位の高い人の場合は、後日、お別れ会を開くプランもあります。

家族葬の流れ/遺族とごく限られた人たちだけで

最近は葬儀の形態として家族葬が一般的になってきていますが、具体的にはどのような流れになるのでしょうか。

実は、家族葬は一般の葬儀とほとんど同じにして規模を小さくすることが多くあります。

違いは、多くの弔問客が見込まれるかどうかです。

家族葬の場合、故人や遺族は故人の関係者に連絡することはありません。

つまり、遺族とごく限られた人たちだけが参列する。

これは、故人を失った悲しみの中で、弔問客に十分な対応ができないため、弔問客を落胆させるという意味があります。

日本では、遺体を安置した後、通夜、告別式、火葬、初七日というのが一般的な流れであります。

通夜と告別式にそれぞれ1日ずつ割り当てられるので、最低でも2日は確保しなければならありません。

初七日の法要を告別式の日に行うメリットは、現代の家族が遠方に住んでいて、1週間後に集まることが難しいということを考慮した流れになっていることです。

告別式には当然家族が参列しても、1週間後に再び集まるのは仕事の都合で難しい。

そこで、告別式の後に初七日の法要を行います。

家族葬の場合、告別式に参列する人数は限られているので、スケジュールは立てやすいかもしれません。

しかし、会社で重要な役職についていた方の場合、告別式には多くの社員が参列することが予想されます。

その対策として、家族葬の翌週にお別れ会を開催することが多いようです。

なお、「お別れ会」という言葉は、地域や葬儀社によって異なります。

いずれにせよ、多くの親族の葬儀に参列したことのある人は知っていることです。

家族葬のメリット

お葬式をどのように行うかは、生前に考えておくことが大切でしょう。

それは、家族葬と一般葬に分けられます。

家族葬のメリットについて、ぜひ考えてみてください。

少人数で行うため、参列者に気を遣う必要がなく、故人の思い出に浸ることができる。

静かな時間を過ごすことができます。

  • 家族が一緒に参列できるので、家族の絆を深めることができる。
  • 家族内で故人を偲ぶことができる。
  • 葬儀の雰囲気作りが自由にできる。
  • 葬儀を行う場所を自由に選ぶことができる。

家族葬は残された家族にとってもメリットがあるので、家族葬を行うことを考えましょう。

葬儀のことを考えるにしても、家族の話題にするのは縁起が悪いと感じる人も多いでしょう。

家族葬のデメリット

家族葬の場合、訃報を知らせる人が限られる傾向にあります。

そのため、弔問に訪れる人が少なくなり、香典の受け取りも少なくなる傾向があります。

葬儀費用のほとんどが香典で賄われるため、葬儀費用の持ち出し割合が増えることもあります。

また、葬儀後、訃報を知った人が弔問に訪れるケースもあります。

予期せぬ訪問は、部屋の片付けの準備に追われ、思わぬ手間と出費を強いられることになります。

地域性や故人や遺族の地位や立場によっては、家族葬が参列者や親族に受け入れられない場合もあります。

故人と一緒にお別れをしたかったと残された方々が思えば、葬儀に不満が出ることもあります。

家族葬の注意点/故人への思いは家族と社会人側で違う

例として、高齢のお父様のために家族葬を行う場合ということで考えてみます。

いくつか注意すべき点があります。

ひとつは、家族葬の場合、会社など近しい関係者以外には特に連絡を取らないということです。

しかし、現実には遺族は、誰が亡くなったかを故人の知人へ知らせる必要があります。

遺族への連絡だけでは、会社関係者が弔問に訪れてしまいます。

それを避けるために、家族葬であることを伝える必要があります。

家族葬の本来の流れとは異なりますが、社会人として会社への連絡は必ず行う必要がありますので、これはやむを得ないと考えるべきでしょう。

また、家族葬では弔問客がいない分、家族でゆっくりと故人と過ごすことができますが、香典がない分、実際の葬儀費用は高くなるケースもあるようです。

会社で重要なポストに就いていた人の場合、何事もやり残しは許されません。

そこで、葬儀とは別にお別れ会を開くとよいでしょう。

多くの参列者が来ても、対応することが可能になります。

ところで、あなたは故人のことをどれくらい知っていますか?

家族側と社会人側で全く違うということはよくあることです。

それは、葬儀の時に改めて感じることかもしれません。

家族葬といいつつも、お別れをしたい人はたくさんいると考えてください。

家族がいつ亡くなるかは予測できないので、日頃から葬儀について考えておくことが大切です。

一般の葬儀との違い家族葬を調べる時はここに注意

葬儀の流れ自体は変わらないことが多いですが、費用がどのくらい違うのか、家族・親族は何人くらいを想定しているのかを確認しましょう。

家族葬の場合、参列者はいませんし、香典も受け取りません。

そのため、発生した費用はすべて支払わなければなりません。

このため、家族葬は安価になりますという葬儀社のパンフレットと食い違いが生じます。

大切な人を亡くしたばかりの遺族には、どのような葬儀がふさわしいか判断する時間がないのです。

そのため、葬儀社では家族葬と一般葬の違いについて詳しく説明するスタッフを配置しています。

ここで注意したいのは、スタッフのレベルがかなり異なるということです。

家族葬について詳しく知りたい方は、葬儀社のホームページを確認してみてください。

家族がまだ元気でも、いつ予期せぬことが起こるかわかりません。

家族葬は家族が主体ですが、故人との別れを希望する人が多いかもしれません。

冷静に判断できるような知識を身につけたいものです。

家族葬と葬儀社/相談すること/具体的なプランと費用を知る

ご家族に不幸があったとき、どこの葬儀社を利用するか決めていますか?

家族葬の場合、どのようなプランがあるのかを知っておくことは重要です。

最近では、自分で葬儀の計画を立てる人もいます。

葬儀社では、葬儀の規模に応じていくつかのプランが用意されています。

また、祭壇なども規模に応じて用意されます。

最近では、故人がまだ元気な時に写真を撮る人もいます。

そうすることで、これから生きていこうという活力が生まれるのかもしれません。

お葬式は日常生活とはまったく違うので、考えたくもないでしょう。

しかし、遅かれ早かれ向き合わなければならないことです。

葬儀社に相談することは有益なことかもしれません。

具体的なプランとその費用を知ることで、きっと貯蓄の必要性を考えるはずです。

人生の一部と考えましょう。

家族葬と弔問客/家族葬と言われたら弔問を遠慮するのが礼儀

通常の葬儀と家族葬の違いは、弔問客を受け入れるかどうかです。

もちろん、故人のために来てくれた人を追い返すことはできませんので、狭いスペースでも参列してもらうことになるでしょう。

しかし、家族葬は内輪のお葬式ですから、たとえ弔問を希望されても遠慮するのが礼儀です。

ただし、家族葬であることをご存じない方もいらっしゃるでしょう。

故人と友人関係だった場合は、一目散にお別れを告げたいと思うかもしれません。

会社や様々な場所で役職などを持っていた場合は、家族葬は無理と判断する必要があります。

葬儀社では、亡くなった当日にその流れを相談することになります。

喪主やその家族ともスタッフが話し合います。

その際、家族葬と一般葬の違いについて説明されます。

よく葬儀屋さんのパンフレットに「家族葬は少ない予算で行えます」と書かれていることがあり、それを見て家族葬を行うことを決める方も多いようです。

しかし実際には、弔問客が少ないだけで、内容はほとんど変わりません。

会社関係の葬儀であれば、多くの人が参列します。

遺族はその対応に追われ、悲しむ余裕もありません。

そんな事態を避けるために、家族葬を希望されることもあります。

故人への直接の弔問ではなく、遺族への弔問であれば、控えた方がよいでしょう。

葬儀の考え方は、昔の葬儀とは少し変わってきています。

時代の要請と考えられます。

葬儀に参列すべきかどうか、よく検討する必要があります。

それが遺族に対する最低限の礼儀であります。

家族葬と宗教/家族葬は誰のためのものなのか

家族葬とは、葬儀の形態の一つです。

日本では仏式での葬儀が多いですが、各宗教によって手順が異なります。

故人やその家族が決めることなので、特に意見を持つ必要はありません。

しかし、最近の傾向として、無宗教で行う家族葬が増えてきています。

もちろん、従来通り、僧侶が読経し、焼香して葬儀を行うことが圧倒的に多いでしょう。

家族葬でも形式は変わりません。

ただ一つ違うのは、故人を囲むメンバーが家族や近親者に限定されることです。

家族葬は故人を偲ぶために行うので、皆の心の中にいろいろな思いが去来します。

そうすることで、その人が亡くなったことを実感することができるのです。

弔問客が多い一般葬の場合、お礼の気持ちを込めて悲しみを感じる余裕はあまりありません。

しかし、家族葬では、じっくりと時間をかけることができる。

そこが一番の魅力です。

家族葬のプラン/故人の意思を尊重

日本の葬儀では家族葬が一般的になってきていますが、まだまだ限定的です。

もちろん、会社のトップや多くの方とお付き合いがあった方の場合、家族葬を行うことは難しいでしょう。

それでも、家族葬の後に告別式を行うというプランもあります。

ただし、日本国内でも地域によって葬儀に対する考え方は異なりますし、故人の年齢によっても異なる場合があります。

そのため、家族葬でよいのかどうか、家族でよく話し合っておくことが大切です。

家族や近親者だけであれば、小さな葬儀社で十分でしょう。

一般葬、家族葬、一日葬など、さまざまなプランが見つかります。

このうち、どのプランを選ぶかは、本人があらかじめ決めておくとよいかもしれません。

最近では、このように自分の最期を自分で演出する人が増えています。

情報が簡単に手に入るので、わざわざ葬儀社に出向く必要もありません。

また、どのような家族葬が一般的になってきているのかも知ることができます。

親が亡くなったとき、悲しみのあまり、葬儀社に手配を依頼することができない場合があります。

そのため、事前の準備が必要です。

高齢化が進み、日本人は長生きするようになりました。

いつ葬儀を行うことになるかわかりませんので、早めに計画を立てましょう。

もちろん、それに合わせて家族葬を行えるかどうかは遺族の判断によりますが、少なくとも故人の意思は尊重されますので、できるだけ具体的な流れを書き出しておくことが重要です。

家族葬とお別れの会/職場など関係者が葬儀に参列できないために

家族葬とは、家族など数人のみで故人を送り出す葬儀の形態です。

それだけだと、職場などの関係者が葬儀に参列できないため、後日、お別れ会を開くこともあります。

一般的に、お別れ会はある程度知名度のある人が行うことが多いようです。

離職からかなりの年月が経過している場合は、お別れ会の必要はなくなるでしょう。

家族葬で終わらせることも可能です。

故人のこれまでの人生を考え、お別れ会を行うかどうか相談してみましょう。

もちろん、現役のサラリーマンであったり、さまざまな団体で役割を担っていた場合は、その団体に確認することをお勧めします。

故人が家庭の外でどのような活動をしていたのか、遺族は知らないことが多いからです。

ご遺族は、いつまでも元気でいてほしいと願っていた人を失った悲しみから立ち直るために、多くの時間を必要とすることがあります。

お別れ会は、通常、家族主導ではなく、会社や団体が企画します。

したがって、家族も落ち着いた時間を過ごすことができます。

葬儀の形態は時代とともに変化していきます。

お別れ会も同じです。

多くの人が故人とお別れをすることができれば、故人の家族として誇りを持つことができるのです。

家族葬・散骨の場合

生前に自分の葬儀に関する意思を明確にしておく人が増えています。

流す音楽や故人の遺影など、細かく指定されるケースがほとんどです。

中には家族葬や散骨を希望される方もいらっしゃいます。

家族葬では、一般の方に来てもらうのではなく、家族や近親者のみで葬儀を行います。

そのため、会社や企業の人が葬儀に来ることはありません。

香典の受け取りが少なくなるため、葬儀社に支払わなければならない金額が増えることもあります。

いずれにせよ、故人の希望が最優先されます。

家族葬を希望していたのであれば、その希望は叶えるべきでしょう。

散骨も故人が特定の寺院の檀家であった場合は考えにくいですが、家族のための墓がないのであればそれで十分という考えもあります。

家族葬といえども、さまざまな考えの方がいらっしゃいます。

残念ながら、誰もが故人の希望に応えられるわけではありません。

それは、自分自身の立場、残された家族の立場があるからです。

一人の人の死は、多くの人に影響を与えます。

無宗教葬や散骨など、通常とは異なる方法で死を悼む場合にも大きな影響を及ぼします。

今まで生きてきた世界とは次元の違うものになります。

これは日本だけでなく、世界中に同じような意見の相違があります。

人に心があり、死が人の終わりである限り、決して終わることはありません。

日本の場合、仏教が多数派なので、お寺の檀家になることが多くあります。

現代の日本では、散骨はまだ少数派の習慣に過ぎありません。

家族葬を依頼する

家族が亡くなると、葬儀社を決め、葬儀を依頼しなければなりません。

その際、一般葬か家族葬のどちらを希望するかを聞かれることが多いと思います。

また、葬儀に参列する人数が何人なのかも重要です。

葬儀会館はいくつかあり、それぞれ規模が違うので、どの会館を指定するか決めなければなりません。

家族葬は家族や近親者のみが参列するため、参列者の人数は少なくなります。

一般参列者が多数見込まれる場合は、後日、お別れ会を開催することになります。

どのようなプランにするかは、葬儀社の担当者と綿密に打ち合わせをする必要があります。

ただ問題は、そのための時間があまりないことです。

ご存知のように、家族葬をいつ行うかは予想がつきません。

葬儀を依頼する暇もないほど、気が動転しているかもしれません。

私たちは死と隣り合わせで生きているのに、普段は意識していないことがほとんどです。

それを思い知らされるのが、他人の葬儀なのです。

葬儀社には様々なプランがあり、時代とともに進行も変化していきます。

家族葬と一般葬のどちらかを選べばいいというような単純なものではありません。

しかし、葬儀は一時的なものであり、実際に故人の死を受け入れるまでには、長い時間がかかります。

あなたのご家族はお元気ですか?

今、家族と一緒に過ごせることを幸せと感じるくらいのおおらかな気持ちでいましょう。

【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
[PR]
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
[PR]
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応

家族葬の相談窓口

家族葬の相談はどこでできるのでしょうか?

インターネットで調べてみると、一般的な相談サイトで家族葬の相談が行われていることがわかります。

そのためか、身近な話題となっているようです。

しかし、家族葬に限らず、葬儀に関する相談は、実際に利用することになる葬儀社にするのが一番でしょう。

葬儀が行われていないときは、葬儀社の仕事もありませんから、相談に乗ってくれるはずです。

さて、家族葬の相談はどのようなことを聞くのでしょうか。

まず、一般葬と家族葬の流れや費用の違いについて。

家族葬は会場が小さくて済むので費用が安く済むと思われていますが、実際は会場によってかなり差があります。

また、地方では家族葬がほとんど行われないところもあります。

地域のつながりが強いところでは、家族が連絡しなくても町の人たちが葬儀のことを知っているからです。

家族葬の基本は、親族と限られた人だけが参列することですが、葬儀への参列を拒むことはできません。

そして、その数は徐々に増えていきます。

さて、家族葬は少人数で行い、後日、お別れ会を行うケースもあります。

地元の有名人や会社の役員など、多くの人が葬儀に参列することが予想される場合に行われます。

このような相談は、葬儀社で十分です。

家族葬の無料資料請求をおススメします。

家族葬を行っているところでは、事前に資料請求するとしっかりとした解説書やエンディングノートなどを無料で入手することができます。

また、事前に資料請求すると大幅な割引があるところがほとんどです。

数社の内容を検討するには、まず無料で資料請求をすることを、おススメします。

下記のところでネット経由で資料請求の申し込みができます。1日~2日ほどで届けられます。

「よりそうお葬式」の資料請求

こちらは、[PR]よりそうのお葬式 で資料請求してみたものです。

よりそうお葬式

「お葬式読本」「お葬式の選び方」や割引の案内などがすぐに届きました。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]よりそうのお葬式

 

「心に残る家族葬」の資料請求

こちらは、[PR]心に残る家族葬の資料請求したものです。

心に残る家族葬

丁寧な会社のご挨拶、お葬式プランの案内、「エンディングノート」が送られてきました。

エンディングノートは充実した内容です。市販のものを買う必要はなくなるくらいです。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]心に残る家族葬

家族葬をプランに組み込んでいる案内です。もしもの時に慌てないように、各社資料請求をしておいて比較検討すると心強くなります。

資料請求は、全て無料です。

家族葬とは?費用や流れ?どこまで呼ぶの?葬儀会社選びの注意点
家族葬とは、大規模な葬儀ではなく、家族や近親者のみで行う葬儀のことです。 一般的には弔問客が来ないため、遺族が対応する必...
家族葬の型式別解説/宗教式、無宗教式、自由葬(火葬式/通夜葬/自然葬散骨/生前葬)
家族葬で一般的に多いのは仏式の葬儀になります。 家族葬は、身内やごくごく親しい人たちの少人数で行う葬儀です。 今までの葬...
葬儀を行わないで見送る/火葬式/直葬/荼毘葬
ここでは火葬場でのシンプルなお別れの儀式を行い火葬するという家族葬の考えをまとめてみます。 火葬式の背景/火葬式/直葬/...

 

家族葬の悩みはこちらへ
【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
[PR]
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
[PR]
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応
お墓探しや自然葬は
全国海域対応,粉骨費用込み,追加費用なしの安心の葬送業者は【みんなの海洋散骨】
[PR]

全国の海域に対応する数少ない散骨のプロの業者です。

  • 海域,土日祝同一料金のため、場所や日柄によって費用が変わることはありません。
  • 粉骨込みで追加費用は一切ございません。
  • 豊富な手元供養品もご用意
  • 一部を分骨して身近においておくことも可能です。
  • GPSを記録した散骨証明証をお届けいたします。
  • 10年以上、全国で1000様以上の豊富なサポート実績がありあり
  • 墓じまいを検討されているご遺族

海洋散骨という供養の形はまだまだ新しいです。 しかし、海に囲まれる日本において、今後お墓だけではなく、供養の形として選ばれる海洋葬での供養を

お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による粉骨・散骨サービス
[PR]

▼粉骨とは
粉骨とはご遺骨を専用の粉砕機に入れ木目細かいパウダー状にすることです。パウダー状にすることで容量が4分1ほどにコンパクトになりますので、ご自宅に保管し手元供養に向いています。また、樹木葬などにも適しており、粉骨することで葬送の選択肢が増えます。

▼散骨とは
散骨とは葬送のひとつでお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため年々利用者が増えております。粉骨したご遺骨を、お客様に代わり東京湾沖にて代理散骨します。

■サービス
ミキワの粉骨・散骨サービスはご遺骨の引き取り(訪問)、郵送、来社にてお預かりし、綺麗に洗浄後しっかり乾燥させて木目細かいパウダー状にします。

散骨をご希望の方は担当スタッフがお客様に代わり、東京湾沖にて代理散骨いたします。

ご遺骨の郵送費はすべてミキワが負担いたします。

・お墓が購入できない方。
・墓じまい後、ご遺骨の供養先がみつからない方。
・遺骨を手放すことができない方。
・お墓に入りたくない方。
・海に散骨したい方。

小型クルーザーでの家族だけの海洋散骨シーセレモニー
[PR]
  • 海洋記念葬シーセレモニーは小型クルーザーを貸切での海洋散骨サービスです。
  • 親しいご家族だけの貸切で散骨なので故人様との最後の時間を大切にしながら送り出していただけます。
  • 貸切での海洋散骨を行う他社は25万円程度が相場のところ9万円から可能。
  • 墓じまいや費用を掛けずにご供養したいという時代のニーズにお応え。
  • 故人様が生前に海が好きだった、その意思を汲んで海洋散骨される方が多いです。
  • 様々な事情からお墓に入りたくない、広い海に散骨してほしいといった要望もあります。
  • 決まったお墓を持っていない方や、費用を抑えて供養したい方。
お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による墓じまいサービス
[PR]

▼墓じまいとは
墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。
お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由で墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。

お墓のミキワの墓じまいサービスはお墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットにしました。
墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配もお任せください。ご相談・お見積りは全て無料です。

老舗墓石見積もり比較サイト「墓石ナビ」
[PR]

墓石ナビは全国の優良石材店からの一括見積りが無料で出来るサイトです。

サイト開設から10年近く毎年、2,000件を超えるお問い合わせを頂いております。

墓石の購入・墓じまい等を検討している方へ

石材は各業者の得意不得意が極端にあるため、見積もりにばらつきが出やすい業種なので複数社で同一の要望を出して比較検討を行いましょう。

遺品の整理はこちら
出張買取専門の【遺品の整理屋さん】
[PR]
  • 遺品整理と生前整理を専門に対応
  • 通常の業者と違い、買取知識にたけて、他社遺品整理業者よりもお安く作業
  • もともと買取の会社ですので逆に買取金額をお渡しするケースのほうが多い
  • フットワークの軽さを売りにしているので急なご不幸の際にも最短30分で出張査定の段取りを行います。
  • 出張費、査定費は、もちろん無料です。
【累計お問合わせ数10万件突破!】<遺品整理>業者ご紹介サービス【EMEAO ! 】
[PR]

EMEAO!(エミーオ!)は 「完全無料で簡単・スピーディーに、要望に合った優良業者の紹介を受けられる 高品質の業者探し代行サービス」です。

ユーザー様は5分ほどのヒアリングに答え、業者からの連絡を待つだけ。

コンシェルジュが第三者機関審査済みの優良な登録500社から 希望に合う業者を厳選し、最大8社・平均4社紹介します。

ユーザー様は発注先探しを丸投げいただけるので、 手間なくスピーディーに最適な業者を見つけられます。

EMEAO!は完全無料のサービスで、発注は必須ではありません。

お気軽にご利用いただけます。

家族葬
ふぁみりをフォローする
KazokuSou
タイトルとURLをコピーしました