お彼岸とは?意味や由来、行事、お墓参りなどを初心者向けに解説!

お彼岸(おひがん)は、日本の仏教の行事の一つで、お墓参りや先祖供養を行う期間を指します。

春分の日と秋分の日の前後数日間にあたる時期、多くの人々が故人を偲び、家族や親族が集い、先祖の霊を迎えるために様々な行事が行われます。

お彼岸って何?意味や由来を知ろう

お彼岸とは、春分の日と秋分の日を中日とした前後3日、合わせて7日間のことで、仏教行事のひとつです。

この期間は、この世(此岸)とあの世(彼岸)が最も近くなるとされ、先祖供養や感謝をする時期です。お彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。

お彼岸の由来

お彼岸の由来は、仏教用語の「波羅蜜(はらみつ)」や「到彼岸(とうひがん)」に関係しています。

これらの言葉は、菩薩が仏になるために必要な六つの修行を表しています。

お彼岸は、この修行を行うことで、苦しみや迷いから解放されるという意味があります。

また、お彼岸は日本独自の行事でもあります。

平安時代に、早良親王(崇道天皇)が春分・秋分の日に神社で祭りを行ったことが始まりとされています。

その後、仏教と混ざり合って現在の形になりました。

春分・秋分の日にお彼岸をする理由

春分・秋分の日にお彼岸をする理由は、太陽が真東から上り真西へと沈むことで、彼岸(西方浄土)と此岸(現世)が通じやすくなると考えられているからです。

また、春分・秋分の日は昼と夜の長さが同じであることから、「中道」の象徴とされています。

仏教では「中道」を重んじるため、この日にお彼岸を行うことで悟りに近づくと信じられています。

「中道」とは何ですか?

「中道」とは、仏教の実践において、対立や矛盾する二つの極端な立場を離れ、どちらにも偏らない中正な立場を貫くことです。

仏教では、「中道」を重んじることで、苦しみから解放される悟りに近づくと考えられています。

お盆とお彼岸の違い

お盆とお彼岸の違いは、期間や目的が異なります。

お盆は8月15日を中心として行われる行事で、ご先祖様の霊を迎え入れることが主な目的です。

お彼岸は春分の日や秋分の日を中心として行われる行事で、ご先祖様に感謝や供養をすることが主な目的です。

お彼岸の行事について知っておきたいこと

お彼岸は、春と秋におこなう日本独自の仏教行事です。

ご先祖さまを供養し感謝をささげる精進期間とされています。

この期間にはお墓参りや法要などを行い、ご先祖さまに思いを馳せるのが一般的です。

お彼岸の期間は、春分の日や秋分の日を中日とした7日間です。2022年の春彼岸は3月17日から23日、秋彼岸は9月18日から24日です。

お彼岸に関する風習や作法

お彼岸は春と秋に年に2回ある仏教の行事で、先祖の霊を迎えて供養する日です。

お彼岸の準備や迎え方としては、以下のことがあります。

  • お墓参りをして、墓石や周囲を掃除し、花や水を供える。
  • お寺にお参りして、読経や法要に参加する。
  • 自宅では仏壇や神棚を清めて、花や水などを供える。
  • 彼岸花やおはぎなどの季節のものを飾ったり食べたりする。

これらの風習は地域や家庭によって異なる場合がありますので、ご自身の家族や親戚と相談しながら行うと良いでしょう。

また、お彼岸は仏教的な意味合いだけでなく、季節の変わり目でもあります。

春分や秋分の日は昼と夜が同じ長さになる日で、「この世」と「あの世」が近くなると考えられています。

そのため、自然界の美しさを感じたり、生き物たちに感謝したりすることも大切です。

お彼岸にお墓参りする意味と作法

お彼岸にお墓参りをするのは、先祖や故人を偲び、感謝の気持ちを伝えるためです。

また、春分や秋分の日は「この世」と「あの世」が近くなると考えられているので、その時期に霊を迎えるという意味もあります。

お墓参りの作法

お墓参りの作法としては、以下のことに注意しましょう。

お彼岸期間中はいつでもお墓参りができますが、できれば中日(春分・秋分の日)か前後1日以内に行くと良いです。

お供え物は日持ちするものや季節のものを選びましょう。せんべいや粟おこし、クッキーなどが一般的です。また、花や水も忘れずに供えましょう。

仏壇や神棚に手を合わせた後、墓石や周囲を掃除します。掃除したごみは持ち帰って処理しましょう。

掃除が終わったら、花立てに花を挿し、水差しに水を入れます。花は切り花でも生け花でも構いませんが、白色系か淡色系が好ましいです。

仏具類(線香立て・ロウソク立て・香炉)を整えます。ロウソクは火をつけてから消します。

線香は火をつけたら先端だけ残して折ります。香炉に灰が少なければ足します。

線香とロウソクを供えたら手を合わせて読経します。読経ができなければ心からご先祖様や故人に感謝する気持ちで手を合わせます。

最後に仏具類や供え物などを元通りに戻します。

お彼岸に自宅でできること/仏壇に毎日すること

お彼岸には、お墓参りだけでなく、自宅の仏壇や仏具の掃除やお供え物の準備も大切です。

また、ご先祖様や故人を偲んだり、日頃の行いを反省したりすることも意味があります。

自宅でできることとしては、以下のことが挙げられます。

仏壇や仏具を綺麗に拭き取ります。ロウソクや線香の灰は捨てずに埋めたり川に流したりします。

お供え物は日持ちするものや季節のものを選びます。果物や菓子類などが一般的です。また、水や花も忘れずに供えましょう。

仏壇に手を合わせて読経します。読経ができなければ心からご先祖様や故人に感謝する気持ちで手を合わせます。

ご近所さんや親戚などに挨拶回りをします。お彼岸は人間関係を見直す時期でもあります。

お彼岸以外にもこれをやろう!

仏壇には、毎日朝晩のお参りをすることが基本です。お参りの作法や注意点は以下の通りです。

  • 起床後、合掌して一礼し、仏壇の扉を開けます。
  • 朝食前に、ご飯や水や花などを供えます。
  • ロウソクに火を灯して線香を焚きます。
  • 線香は49日までは必ず毎日あげます。
  • リンを鳴らし、合掌礼拝します。
  • 読経ができなければ感謝の気持ちで手を合わせます。
  • 家族の食事後、供物を下げます。
  • 就寝前に、合掌一礼して扉(内側と外側)を閉じます。

お坊様、仏教徒が毎日していることは?

仏教徒の一日は、仏教の教えに基づいて生きることを目指します。

仏教の教えは、宗派や学派によって細かい点は違いますが、以下のような共通点があります。

  • 四聖諦(苦・集・滅・道)を受け入れること。
  • 八正道(正見・正思・正語・正業・正命・正精進・正念・正定)を実践すること。
  • 五戒(不殺生戒・不偸盗戒・不邪淫戒・不妄語戒・不飲酒戒)を守ること。
  • 三宝(仏・法・僧)に帰依すること。

また、浄土真宗本願寺派では、以下のようなことも大切にしています。

  • 阿弥陀如来の本願力によって救われる信心を持つこと。
  • 信心の表れとして南無阿弥陀仏と称名すること。
  • 他者への感謝や奉仕の心を育むこと。

お彼岸とは?意味や由来、行事などを初心者向けに解説!まとめ

お彼岸は、故人を偲び、先祖供養をするための大切な期間であるとともに、自分自身や家族とのつながりを感じる機会でもあります。

お墓参りやお供え物をすることで、先祖の霊を迎え、感謝や敬意を示すことができます。

 

家族葬や戒名の悩みはこちらへ
【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応
全国対応・低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】

小さなお葬式は、お葬式からお墓のことまで、今の時代にフィットしたサービスを低価格・高品質で提供する葬儀ブランドです。

主な葬儀プランの価格は、火葬式16.4万円、家族葬45.4万円となっています。

「小さなお葬式」は、小さくても、価格が安くても、家族の気持ちがこもっていれば立派な葬儀・葬式です。

終活や葬儀で悩む「戒名」を授与【本寿院】

戒名は高い?とお悩みの方がたくさんあります。「戒名は高い?安い?」という本を出版しました。 たくさんの反響があり、NHK学園や読売文化センターなどで戒名口座を開催しております。 

戒名は商品ではありません。 しかしながら、お寺との付き合いも希薄になり、どうすれば良いか? 何をすれば良いのか?と悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

  • 戒名もなく、俗名のまま葬儀をした方
  • 数年前に亡くなった両親はまだ戒名を授かってない
  • 親の終活
  • 残された者に迷惑をかけたくない
  • 自分の終活、高額な没後の費用の悩み解決のための生前戒名
  • 新しい名前で生きなおす仏教の知恵

葬儀・法事・供養・位牌・墓・散骨など まさにたくさんの方が悩まれ、そして求められている問題であると感じております。

お墓探しや自然葬は
お近くの霊園や樹木葬を探せる【お墓さがし】
  • テレビで話題の機械式の納骨堂などを探す事が出来ます。
  • 樹木葬や納骨堂や永代供養のお墓を探している
  • 全国のお墓のデータがあり
全国海域対応,粉骨費用込み,追加費用なしの安心の葬送業者は【みんなの海洋散骨】

全国の海域に対応する数少ない散骨のプロの業者です。

  • 海域,土日祝同一料金のため、場所や日柄によって費用が変わることはありません。
  • 粉骨込みで追加費用は一切ございません。
  • 豊富な手元供養品もご用意
  • 一部を分骨して身近においておくことも可能です。
  • GPSを記録した散骨証明証をお届けいたします。
  • 10年以上、全国で1000様以上の豊富なサポート実績がありあり
  • 墓じまいを検討されているご遺族

海洋散骨という供養の形はまだまだ新しいです。 しかし、海に囲まれる日本において、今後お墓だけではなく、供養の形として選ばれる海洋葬での供養を

お墓を一番安く建てるなら【お墓さがし】
  • お墓の一括見積もりサイトです。
  • 実績のある石材店から最大三社から見積書が完全無料で届きます。
  • 相見積もりを行う事で相場観がわかりお墓を建てる上で正確な判断を行う事が出来ます。
  • すでに墓地を持っており、お墓を建てる必要がある方々へ
老舗墓石見積もり比較サイト「墓石ナビ」

墓石ナビは全国の優良石材店からの一括見積りが無料で出来るサイトです。

サイト開設から10年近く毎年、2,000件を超えるお問い合わせを頂いております。

墓石の購入・墓じまい等を検討している方へ

石材は各業者の得意不得意が極端にあるため、見積もりにばらつきが出やすい業種なので複数社で同一の要望を出して比較検討を行いましょう。

小型クルーザーでの家族だけの海洋散骨シーセレモニー
  • 海洋記念葬シーセレモニーは小型クルーザーを貸切での海洋散骨サービスです。
  • 親しいご家族だけの貸切で散骨なので故人様との最後の時間を大切にしながら送り出していただけます。
  • 貸切での海洋散骨を行う他社は25万円程度が相場のところ9万円から可能。
  • 墓じまいや費用を掛けずにご供養したいという時代のニーズにお応え。
  • 故人様が生前に海が好きだった、その意思を汲んで海洋散骨される方が多いです。
  • 様々な事情からお墓に入りたくない、広い海に散骨してほしいといった要望もあります。
  • 決まったお墓を持っていない方や、費用を抑えて供養したい方。
家族葬
ふぁみりをフォローする
KazokuSou
タイトルとURLをコピーしました