このサイトには広告が含まれます。

お葬式準備ガイド/予想外の別れに悔いなく対応するための

突然の別れに立ち向かうために、これからの時代を考えると、事前のお葬式の準備は避けて通れない道となります。

そこで今回は、そのお手伝いとなるようなお葬式の準備をご紹介いたします。

  1. 誰でも経験する「準備不足」の悔い
    1. 事前準備の意義:故人らしい葬式を実現する
    2. 費用面でも安心:冷静なお葬式プランの選定
    3. お見送りの最良の形をつくるためのおすすめ:お葬式の事前検討
  2. 家族葬の無料資料請求をおススメします。
    1. 「よりそうお葬式」の資料請求
    2. 「心に残る家族葬」の資料請求
  3. 別れの時が訪れた時の初動対応:大切な人を看取った直後に起こること
    1. 病院でのお亡くなり:速やかな対応が必要
    2. 事前準備の重要性:「誰に通知するか?」、「葬儀社はどこにするか?」
    3. 近親者への報告:お亡くなりの連絡
    4. 葬儀社との連絡:葬儀社の決定と搬送依頼
    5. 病室の後片付け:病室の片付けと死亡診断書の受け取り
  4. お葬式の一連の流れ:一般的な家族葬を例に
    1. 家族葬:二日間で行われるプラン
      1. 初めての連絡:葬儀社への電話
      2. ご迎えとご安置:故人の身体の搬送
      3. 打合せ:葬儀の詳細を決定
      4. 納棺:故人を棺に納める
      5. お通夜:故人と共に過ごす時間
      6. 告別式:最後のお別れ
      7. ご火葬と収骨
      8. お支払い:お葬式の終了
    2. 一日で行う「一日葬」の特徴と進行
      1. 一日葬:簡素ながらも格式あるお見送り
      2. 一日葬と二日プランの違い
      3. 体力的な負担を減らしながら、故人を偲ぶ
    3. 火葬式(直葬式)のシンプルなプラン:最も簡素なお葬式を選択するために
      1. 火葬式のみで行う葬儀
      2. 要望に応じたカスタマイズ
      3. シンプルプランを選ぶメリット
    4. 一般葬プラン:社会的な関係性を大切にするお見送り
      1. 一般葬プラン:広範な人々を招く葬儀
      2. 参列人数と斎場の大きさ
      3. 霊柩車やマイクロバスの利用も可能
  5. まとめ/お葬式準備ガイド:あなたのための葬儀準備

誰でも経験する「準備不足」の悔い

予期せぬ大切な人の逝去。

その際、悲しみに震え、動揺の中でお葬式の準備を進めなければならない場面は、誰にでも訪れます。

準備不足からくる手続きのミスや、故人の意志を反映できなかったことへの後悔、そしてそれが残る「悔い」は、想像以上に心を苦しめます。

事前準備の意義:故人らしい葬式を実現する

そんな悔いを避けるために、事前にお葬式の準備を行うことは重要です。

故人が生きているうちに、一緒に葬式の形を決めていくことで、故人らしいお葬式を形作ることが可能となります。

事前に準備を進めた結果、故人らしい満足のいくお葬式を実現できたという声を多く耳にします。

費用面でも安心:冷静なお葬式プランの選定

また、事前準備は費用面でもメリットがあります。

混乱した心情のままでは、高額なプランを選択してしまったり、本当に必要なサービスを見落としたりすることもあります。

しかし、事前に冷静にお葬式プランの要不要を考え、比較検討することで、必要な部分に的確に費用を使うことが可能となります。

これにより、予想以上に葬式費用を抑えられたという声も頻繁に聞かれます。

お見送りの最良の形をつくるためのおすすめ:お葬式の事前検討

そういった多くのメリットから、私たちはお見送りの準備として、お葬式の事前検討を強く推奨いたします。

大切な人への最後の贈り物である葬式を、最良の形にするためには、時間をかけた検討が必要です。

そのために、事前検討に必要な「お葬式の流れ」と「お葬式の形式」について知っておくと安心です。

家族葬の無料資料請求をおススメします。

家族葬を行っているところでは、事前に資料請求するとしっかりとした解説書やエンディングノートなどを無料で入手することができます。

また、事前に資料請求すると大幅な割引があるところがほとんどです。

数社の内容を検討するには、まず無料で資料請求をすることを、おススメします。

下記のところでネット経由で資料請求の申し込みができます。1日~2日ほどで届けられます。

「よりそうお葬式」の資料請求

こちらは、[PR]よりそうのお葬式 で資料請求してみたものです。

よりそうお葬式

「お葬式読本」「お葬式の選び方」や割引の案内などがすぐに届きました。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]よりそうのお葬式

 

「心に残る家族葬」の資料請求

こちらは、[PR]心に残る家族葬の資料請求したものです。

心に残る家族葬

丁寧な会社のご挨拶、お葬式プランの案内、「エンディングノート」が送られてきました。

エンディングノートは充実した内容です。市販のものを買う必要はなくなるくらいです。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]心に残る家族葬

家族葬をプランに組み込んでいる案内です。もしもの時に慌てないように、各社資料請求をしておいて比較検討すると心強くなります。

資料請求は、全て無料です。

別れの時が訪れた時の初動対応:大切な人を看取った直後に起こること

私たちの生活に突然訪れる、愛する人の死。

その瞬間は、深い悲しみに包まれる一方で、同時に様々な準備が迫られます。

ご遺族が通夜や葬儀の準備を始める際に押さえておくべき重要なポイントをご紹介します。

特に病院で大切な人が亡くなった際の対応について、詳しく解説していきます。

病院でのお亡くなり:速やかな対応が必要

病院での死亡に際しては、故人を病院内に長く安置することは困難です。

これは病院の方針や設備の制限など、様々な事情から生じる現状です。

そのため、家族は迅速に行動を開始しなければなりません。

事前準備の重要性:「誰に通知するか?」、「葬儀社はどこにするか?」

このような状況下では、「誰にお亡くなりの連絡をするのか」「葬儀社はどこにするのか」など、具体的なアクションを迅速に起こすためには、事前の準備が必須となります。

事前に適切な情報を整理し、必要な連絡先をまとめておくことで、冷静に対応することが可能となります。

近親者への報告:お亡くなりの連絡

まず最初にするべきことは、近親者へのお亡くなりの連絡です。

家族、親族はもちろん、故人の親しい友人や知人にも、適切なタイミングでお亡くなりの連絡をすることが必要です。

葬儀社との連絡:葬儀社の決定と搬送依頼

次に、葬儀社の決定と、故人の搬送先についても早めに決めることが求められます。

信頼できる葬儀社を早い段階で選定し、適切な搬送先を決めることで、故人を安心して託すことができます。

病室の後片付け:病室の片付けと死亡診断書の受け取り

そして最後に、故人が亡くなった病室の片付けと、死亡診断書の受け取りが必要です。

遺品の整理や病室の後片付けは故人への最後のサービスとなりますし、死亡診断書は法的な手続きに必要な重要な書類です。

これらはいずれも、予期せぬ別れが訪れた際に迅速に行動を起こすための基本的なガイドラインです。

この知識を持つことで、大切な人を無事にお見送りし、悔いのない形で別れを受け入れることができます。

お葬式の一連の流れ:一般的な家族葬を例に

大切な人のお見送りの際、特にはじめての場合、お葬式の進行について不安を感じる方も多いかと思います。

家族葬を提供している各社共通の家族葬プランの内容をまとめたいと思います。

家族葬:二日間で行われるプラン

通常、家族葬の場合、二日間のプランで進行されることが多いです。以下、その具体的な流れを解説します。

初めての連絡:葬儀社への電話

まず初めに、葬儀社への連絡をします。初めてお電話する場合でも、その日のうちにお葬式の手配をすることが可能です。

ご迎えとご安置:故人の身体の搬送

次に、現地のスタッフがご指定の場所まで1時間程度でお迎えに上がります。ご自宅や病院などから、故人のお身体を寝台車でご安置場所まで搬送します。

打合せ:葬儀の詳細を決定

その後、具体的な葬儀の詳細について打合せを行います。ここでは、ご要望を改めて伺い、以下の内容を決定していきます。

  • ご希望のプラン
  • オプションの有無
  • お葬式の日時と場所
  • 総額でのお見積り

お見積りにご納得いただけましたら、正式にご依頼となります。

納棺:故人を棺に納める

故人のお身体を丁重に棺に納め、その後、式場(または火葬場)まで搬送します。

お通夜:故人と共に過ごす時間

お通夜は、故人さまのそばで過ごしながら、故人さまへの想いを伝える時間となります。

告別式:最後のお別れ

告別式は、亡くなった方との最後のお別れの時間となります。

ご火葬と収骨

告別式の後、ご火葬を行います。火葬後は、故人さまの遺骨を収骨します。

お支払い:お葬式の終了

以上の流れでお葬式は終了となります。お支払いを済ませることで全ての手続きが完了となります。

ここで紹介した流れを理解し、適切に行動することで、故人を心から悔いのない形でお見送りすることができます。

 

一日で行う「一日葬」の特徴と進行

時には、様々な事情から長時間にわたる葬儀を行うことが難しい場合もあります。

そんなときには、告別式のみを一日で行う「一日葬」という選択肢があります。

一日葬:簡素ながらも格式あるお見送り

一日葬は、簡略化されたお葬式であり、その名の通り、一日で行う葬儀のことを指します。

一般的には「一日プラン」とも呼ばれています。

このプランは、最大で30名程度のご家族や親族を中心に行うことが多いです。

一日葬と二日プランの違い

二日プランとの主な違いは、「お通夜の有無」です。

一日葬では、お通夜を行わず、告別式と火葬を一日で進行します。

体力的な負担を減らしながら、故人を偲ぶ

体力的な負担を考慮すると、一日葬は非常に有用な選択肢と言えます。

故人を偲び、故人への感謝の意を伝える式典はきちんと行うものの、一日で全てを終えることが可能です。

そのため、体力的な負担が気になる方や、時間的な制約がある方には、一日葬が適しています。

このプランを選ぶことで、精神的、体力的なストレスを最小限に抑えつつ、故人に対する敬意を示すことができます。

 

火葬式(直葬式)のシンプルなプラン:最も簡素なお葬式を選択するために

いつも通りの日々が、突然、大きな悲しみで静まり返るとき、適切な葬儀の形を選ぶことは大変困難なことです。

そこで、葬儀の流れをできるだけシンプルに保ちたいというご希望にお応えするために、火葬式のシンプルプランを各社用意しています。

火葬式のみで行う葬儀

その名の通り最もシンプルな形の葬儀を提供するプランです。お通夜や告別式などを省き、シンプルに火葬のみを行います。

要望に応じたカスタマイズ

このプランでは、「故人さまをご安置する場所」や「ご面会の有無」など、要望に基づいて選べる複数のプランを用意しいます。

あくまで故人さまを中心に、その思いを大切にするプランとなっています。

例えば、最後の時間を家族だけで静かに過ごしたいという場合は、自宅安置も可能です。

また、葬儀社に安置を依頼しつつ、ご家族や親しい友人たちが故人さまに最後にお別れを告げるための面会の機会を設けることも可能です。

シンプルプランを選ぶメリット

シンプルプランの大きな魅力はその柔軟性にあります。

多くの方が集まる葬儀には敬遠感を感じる方や、亡くなった方自身が質素な葬儀を望んでいた場合、このプランは最適な選択となります。

負担を最小限にしつつ、故人を敬うための時間を確保することが可能です。

 

一般葬プラン:社会的な関係性を大切にするお見送り

故人を悼むことは個人的なものでありますが、時には故人が生きてきた社会的な繋がりや関係性を大切にするための広範なお見送りが求められます。

そのような場合に適したのが「一般葬プラン」です。

一般葬プラン:広範な人々を招く葬儀

一般葬プランは、故人と関わりを持つ幅広い人々を招いて行う、最も一般的なお葬式の形です。

ご友人、知人、会社関係の方など、故人との関わりの深さを問わずに参列をお願いする形となります。

一般葬プランでは、お通夜と告別式を行います。

参列人数と斎場の大きさ

一般葬プランの特徴の一つは、その規模の大きさです。

「二日プラン」との違いとして、参列人数を30名から100名様を想定しています。

そのため、斎場も広く、生花祭壇も豪華に設けられます。

霊柩車やマイクロバスの利用も可能

また、一般葬プランでは、参列者の移動手段として霊柩車やマイクロバスのご利用にも対応しています。

故人を敬うため、また参列者の安心・安全を確保するための、より手厚いサービスを提供します。

一般葬プランは、故人の生涯を広く社会に伝え、多くの人々とともにその人生を偲ぶためのプランです。

故人の生きざまを多くの人々と共有し、共に悲しみを分かち合うことで、故人への敬意を表現します。

まとめ/お葬式準備ガイド:あなたのための葬儀準備

人生の最期を迎え、大切な方をお見送りする際には、適切なお葬式の準備が重要です。

まず、突然の訃報に際しても慌てず、適切な対応が可能となるよう、事前の葬儀準備の重要性について説明しました。

そのために、直近の遺族に連絡を取り、葬儀社の選定や必要な文書の手続きなどの基本的な手順を把握することが必要です。

次に、具体的な葬儀プランの流れについて詳細に説明しました。二日プランでは、故人を対面から安置、通夜、告別式、火葬までの手順を詳しく説明し、その様々なステップを通じて故人を静かにお見送りする方法を提供しました。

一方、一日プランは、体力的な負担を軽減しながらも、きちんとしたお見送りを行うことができるプランです。

これは通夜を行わず、告別式と火葬を一日で行うという形式で、効率的に故人を見送りたいという方に向けた選択肢となります。

さらに、ご家族の要望に応じて最もシンプルなプランも提供します。

シンプルプランでは、お通夜や告別式を省略し、火葬のみを行います。これにより、最後の時間を自宅で過ごすなど、様々な状況に対応することが可能です。

最後に、一般葬プランでは、より広範な人々を招き、故人の社会的な関係性を尊重する葬儀を提供します。

豪華な祭壇や広い斎場、そして霊柩車やマイクロバスの利用など、参列者への配慮も行き届いたプランとなっています。

以上が、各社共通の家族葬プランの内容です。

それぞれのプランは、故人の個性や遺族の希望を最大限に尊重したものとなっており、どのプランも故人を尊敬し、敬意を表することが可能です。

葬儀は故人を悼む重要な儀式であり、その準備を適切に行うことで、故人への敬意を表し、心からのお別れをすることが可能となります。

家族葬の無料資料請求をおススメします。

家族葬を行っているところでは、事前に資料請求するとしっかりとした解説書やエンディングノートなどを無料で入手することができます。

また、事前に資料請求すると大幅な割引があるところがほとんどです。

数社の内容を検討するには、まず無料で資料請求をすることを、おススメします。

下記のところでネット経由で資料請求の申し込みができます。1日~2日ほどで届けられます。

「よりそうお葬式」の資料請求

こちらは、[PR]よりそうのお葬式 で資料請求してみたものです。

よりそうお葬式

「お葬式読本」「お葬式の選び方」や割引の案内などがすぐに届きました。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]よりそうのお葬式

 

「心に残る家族葬」の資料請求

こちらは、[PR]心に残る家族葬の資料請求したものです。

心に残る家族葬

丁寧な会社のご挨拶、お葬式プランの案内、「エンディングノート」が送られてきました。

エンディングノートは充実した内容です。市販のものを買う必要はなくなるくらいです。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]心に残る家族葬

家族葬をプランに組み込んでいる案内です。もしもの時に慌てないように、各社資料請求をしておいて比較検討すると心強くなります。

資料請求は、全て無料です。

家族葬とは?費用や流れ?どこまで呼ぶの?葬儀会社選びの注意点
家族葬とは、大規模な葬儀ではなく、家族や近親者のみで行う葬儀のことです。 一般的には弔問客が来ないため、遺族が対応する必...
家族葬の型式別解説/宗教式、無宗教式、自由葬(火葬式/通夜葬/自然葬散骨/生前葬)
家族葬で一般的に多いのは仏式の葬儀になります。 家族葬は、身内やごくごく親しい人たちの少人数で行う葬儀です。 今までの葬...
葬儀を行わないで見送る/火葬式/直葬/荼毘葬
ここでは火葬場でのシンプルなお別れの儀式を行い火葬するという家族葬の考えをまとめてみます。 火葬式の背景/火葬式/直葬/...

 

家族葬の悩みはこちらへ
【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
[PR]
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
[PR]
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応
お墓探しや自然葬は
全国海域対応,粉骨費用込み,追加費用なしの安心の葬送業者は【みんなの海洋散骨】
[PR]

全国の海域に対応する数少ない散骨のプロの業者です。

  • 海域,土日祝同一料金のため、場所や日柄によって費用が変わることはありません。
  • 粉骨込みで追加費用は一切ございません。
  • 豊富な手元供養品もご用意
  • 一部を分骨して身近においておくことも可能です。
  • GPSを記録した散骨証明証をお届けいたします。
  • 10年以上、全国で1000様以上の豊富なサポート実績がありあり
  • 墓じまいを検討されているご遺族

海洋散骨という供養の形はまだまだ新しいです。 しかし、海に囲まれる日本において、今後お墓だけではなく、供養の形として選ばれる海洋葬での供養を

お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による粉骨・散骨サービス
[PR]

▼粉骨とは
粉骨とはご遺骨を専用の粉砕機に入れ木目細かいパウダー状にすることです。パウダー状にすることで容量が4分1ほどにコンパクトになりますので、ご自宅に保管し手元供養に向いています。また、樹木葬などにも適しており、粉骨することで葬送の選択肢が増えます。

▼散骨とは
散骨とは葬送のひとつでお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため年々利用者が増えております。粉骨したご遺骨を、お客様に代わり東京湾沖にて代理散骨します。

■サービス
ミキワの粉骨・散骨サービスはご遺骨の引き取り(訪問)、郵送、来社にてお預かりし、綺麗に洗浄後しっかり乾燥させて木目細かいパウダー状にします。

散骨をご希望の方は担当スタッフがお客様に代わり、東京湾沖にて代理散骨いたします。

ご遺骨の郵送費はすべてミキワが負担いたします。

・お墓が購入できない方。
・墓じまい後、ご遺骨の供養先がみつからない方。
・遺骨を手放すことができない方。
・お墓に入りたくない方。
・海に散骨したい方。

小型クルーザーでの家族だけの海洋散骨シーセレモニー
[PR]
  • 海洋記念葬シーセレモニーは小型クルーザーを貸切での海洋散骨サービスです。
  • 親しいご家族だけの貸切で散骨なので故人様との最後の時間を大切にしながら送り出していただけます。
  • 貸切での海洋散骨を行う他社は25万円程度が相場のところ9万円から可能。
  • 墓じまいや費用を掛けずにご供養したいという時代のニーズにお応え。
  • 故人様が生前に海が好きだった、その意思を汲んで海洋散骨される方が多いです。
  • 様々な事情からお墓に入りたくない、広い海に散骨してほしいといった要望もあります。
  • 決まったお墓を持っていない方や、費用を抑えて供養したい方。
お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による墓じまいサービス
[PR]

▼墓じまいとは
墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。
お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由で墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。

お墓のミキワの墓じまいサービスはお墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットにしました。
墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配もお任せください。ご相談・お見積りは全て無料です。

老舗墓石見積もり比較サイト「墓石ナビ」
[PR]

墓石ナビは全国の優良石材店からの一括見積りが無料で出来るサイトです。

サイト開設から10年近く毎年、2,000件を超えるお問い合わせを頂いております。

墓石の購入・墓じまい等を検討している方へ

石材は各業者の得意不得意が極端にあるため、見積もりにばらつきが出やすい業種なので複数社で同一の要望を出して比較検討を行いましょう。

遺品の整理はこちら
出張買取専門の【遺品の整理屋さん】
[PR]
  • 遺品整理と生前整理を専門に対応
  • 通常の業者と違い、買取知識にたけて、他社遺品整理業者よりもお安く作業
  • もともと買取の会社ですので逆に買取金額をお渡しするケースのほうが多い
  • フットワークの軽さを売りにしているので急なご不幸の際にも最短30分で出張査定の段取りを行います。
  • 出張費、査定費は、もちろん無料です。
【累計お問合わせ数10万件突破!】<遺品整理>業者ご紹介サービス【EMEAO ! 】
[PR]

EMEAO!(エミーオ!)は 「完全無料で簡単・スピーディーに、要望に合った優良業者の紹介を受けられる 高品質の業者探し代行サービス」です。

ユーザー様は5分ほどのヒアリングに答え、業者からの連絡を待つだけ。

コンシェルジュが第三者機関審査済みの優良な登録500社から 希望に合う業者を厳選し、最大8社・平均4社紹介します。

ユーザー様は発注先探しを丸投げいただけるので、 手間なくスピーディーに最適な業者を見つけられます。

EMEAO!は完全無料のサービスで、発注は必須ではありません。

お気軽にご利用いただけます。

家族葬
ふぁみりをフォローする
KazokuSou
タイトルとURLをコピーしました