このサイトには広告が含まれます。

家族葬 香典の全知識:マナー、相場、香典袋の書き方、一般葬との差異まで完全ガイド

「家族葬」という葬儀形態が普及し、その中での香典についての疑問や不安が増えていることを感じますか?

「一般葬とは異なる香典の相場は?」、「遺族から香典辞退の通知があった場合、どのように対応すれば良いのか?」、「もしも参列できない場合、香典はどうするべきか?」など、家族葬に特有の問題を抱える人は多いでしょう。

この記事では、増加傾向にある家族葬における香典のマナーや相場、対応策について詳細に解説します。

また、喪主として香典返しを行う際のポイントについても説明します。

読み終わる頃には、あなたが家族葬に対する深い理解と自信を持つことでしょう。

家族葬と香典:その本質と必要性について

近年、ますます一般的になってきている家族葬。

しかし、その実態と香典についての理解はまだ十分に浸透しているとは言えません。

家族葬とは?

家族葬はその名の通り、家族や親しい友人のみで執り行う葬儀のことを指します。

家族葬は近年、高齢化社会の進行や価値観の多様化、疎遠になりがちな人間関係など様々な要因から、その数を増やしています。

家族葬は小規模であることから一般的な葬儀に比べて費用を抑えられ、故人との密な別れを想定している人々に選ばれています。

香典とは?

香典とは、葬儀に参列する際に持参する金銭のことを指し、これは仏教の慣習に基づいています。

香典は、死者への追悼の意を表すとともに、遺族への支援の形ともなります。

また、葬儀にかかる費用を補助するという意味も含まれています。

家族葬と香典の関係

家族葬における香典の役割は、一般的な葬儀と基本的には変わりません。

しかし、規模が小さいため、香典の金額や形式、さらには必要性自体が変わる場合もあります。

家族葬では、「香典辞退」という形で香典を持参しないで欲しいとの意向を示すことが多いです。

このように、家族葬における香典は一般的な葬儀とは異なる場面があるため、事前に情報を得て適切な行動をとることが大切です。

家族葬の香典の相場:具体的な金額とその決め方

家族葬における香典の扱いや相場は、一般的な葬儀と基本的には変わりませんが、微妙な違いや注意点が存在します。

この章では、家族葬の香典に関する一般的な疑問や注意点、そして相場の決定方法を解説します。

香典の扱い

家族葬では、規模の縮小や手続きの簡素化などから、香典や香典返しを辞退するケースが増えています。

しかし、「香典辞退」の意向が明確に案内されていない場合は、通常通り香典を包んで参列するのがマナーです。

また、参列の有無や香典の扱いに不明点がある場合は、喪主や葬儀社に問い合わせるのが良いでしょう。

確認が難しい場合は、香典を包んで参列し、受け取りを辞退された場合はその意向に従うようにします。

香典の相場

家族葬における香典の相場は一般葬と変わりませんが、故人に近い親族や友人が主になるため、一人当たりの金額が高めになる傾向があります。

親族の中には、ご遺族に負担がかからないように多めに香典を包むこともあります。

一般的な香典の相場は以下の通りです:

  • 自分の両親:5万~10万円
  • 自分の祖父母:1万~5万円
  • 自分の兄弟姉妹:3万~5万円
  • 配偶者の両親:1万~3万円
  • 近い親戚:1万~3万円
  • その他の親戚:5千~2万円
  • 友人・知人:5千~1万円
  • 近所の人:5千円~

ただし、これらはあくまで相場であり、具体的な金額は故人との関係性や経済状況などにより変動します。

なお、香典の金額は2や4といった割り切れる数、または縁起の悪い数(例えば4は「死」、9は「苦」)を避けるのが一般的ですが、故人との関係性から1万円では安いが3万円では高いという場合もあり、最近では2万円を包む場合もあります。

家族葬における香典の相場や決め方は、一般的な葬儀と大きな違いはありませんが、一部の家族葬では香典を辞退することがあります。

具体的な相場は故人との関係によりますが、事前に喪主や葬儀社に問い合わせて確認することが大切です。

家族葬における香典のマナーとエチケット:ケース別に解説

一般的に、家族葬に参列する際や、遠方で参列できない場合には、香典をご遺族に贈ることがマナーとなっています。

しかしながら、それぞれの状況により香典の渡し方には適切なマナーが求められます。

以下では、様々なケースについての香典のマナーについて詳しく解説します。

家族葬での香典を渡すポイント

家族葬に参列する場合には、ご遺族の意向を尊重し、香典を辞退されている場合にはその意向を尊重することが重要です。

訃報を受けた際には、お悔やみと弔問・香典の確認の連絡をするのが一般的です。

ただし、訃報に香典を辞退する旨が明記されている場合は、香典を郵送するなどの行為は避け、ご遺族の意向を最優先に考えましょう。

これにより、香典返しなどでご遺族が無用な手間をかけることを避けることができます。

職場や団体から家族葬に香典を贈る場合

職場や団体から香典を贈る場合も同様に、ご遺族の意向を最優先に考えます。

香典辞退の意向がある場合でも、故人に対する弔意を示したい場合は、弔電を送るか、香典の代わりにお花を贈るのが一般的です。

贈り物をする際には、「お返しは不要です。

お気遣いなさらないように」とメッセージを添えるのがマナーとなっています。

家族葬に参列できない場合の香典の渡し方

家族葬に参列できない場合でも、遠方からのお悔やみや弔意を示す手段はあります。

通常、弔電を送るのが一般的で、香典の郵送も可能ですが、それらは遺族の意向によります。

また、供花や供物を送ることも一般的ですが、遺族の負担にならないよう、あらかじめその意向を確認することが重要です。

「香典辞退」された場合の対応とお悔みの仕方

香典が辞退された場合でも、弔意を示したい場合には供花や供物を贈る方法があります。

これらの贈り物を選ぶ際には、故人への感謝の気持ちや遺族への弔意を表すことを心がけます。

また、送るタイミングや送り先については遺族と確認します。

弔意の気持ちを伝える方法としては、弔電も一般的です。

弔電は通夜、葬儀・告別式に参列できないときに、弔意の気持ちを伝える電報です。

この場合も、台紙の選択やメッセージの内容に注意を払い、故人への敬意を示すことが重要です。

以上のケースについて解説しましたが、香典を贈る際の最も重要なポイントは、常に遺族の意向を尊重し、故人への敬意を忘れないことです。

様々な状況や状況に応じて適切な行動を取ることで、故人を偲び、遺族への思いやりを示すことができます。

家族葬での香典袋(不祝儀袋)の書き方:具体例とともに

家族葬であっても、香典袋の書き方は一般葬と変わりません。

香典袋の水引は高額(5万円?)でなければ印刷されたものでかまいません。

水引の色は黒白が一般的ですが、一部の地域(関西、特に京都)では黄色と白のものが使われることがあります。

また、記入する際には薄墨の筆記具を使って表書き、名前、住所、金額などを書くのがマナーです。

表書きの書き方

宗教によって表書きは異なります。

特に案内がない場合は仏教式のお葬式が一般的で、「御霊前」「御香料」「御香典」などと記入します。

しかし、仏教の中でも浄土真宗は亡くなった即日に浄土に召されるという考えがあるため、「御仏前」の表書きを使います。

神道では「御霊前」「御榊料」「御玉串料」「神饌料」などと記入します。

「御仏前」は仏ではないので絶対に使わないように注意しましょう。

キリスト教では、「御花料」が一般的ですが、カトリックとプロテスタントで異なる表書きもあります。

事前に宗派を確認するか、「御花料」にしておくのが無難です。

またカトリックは「御霊前」でもかまいませんが、プロテスタントでは不適切になります。

以下を参考にしましょう。

カトリックの場合:「お花料」「御花料」「御ミサ料」

プロテスタントの場合:「お花料」「御花料」「献花料」

名前の書き方

一般的な御香典の書き方と同じです。

水引の下に回送者の名前をフルネームで書きます。

3名までが連名が可能です。

その場合は、目上の人間を一番右端に置きます。

家族葬の場合は、会社や団体から御香典を受け取ることは少ないので、ここではその場合は割愛します。

金額の書き方

大字(だいじ)と呼ばれる、旧漢字のように後から数を書き換えられない漢字を使います。

法的文書や会計文書に用いられるのは、壱、弍、参、拾のみですが、香典には伍や仟、萬、圓が使われることもあります。

ただし普通の漢数字で書いても、最近ははマナー違反ではありません。

  • 漢数字:一「壱」、二「弐」、三「参」、五「伍」、千「阡」、万「萬」
  • 大字:壱・弐・参・伍・捨・仟・萬・圓

お札の入れ方

特に決まりはありませんが、お札を香典袋(中袋)に入れる時は方向を揃えて裏向きに入れるのが一般的です。

お札の顔が下にあるように入れると覚えておけばいいでしょう。

中袋の裏の名前を確認しながら、封筒から少し出したときにすぐに数字が読めるので、名前を確認しながらお札を数えるのに相手が楽ですよね。

香典はご祝儀と異なり、新札は控えるのがマナーになっています。

これは新札だと「準備していた」となり、縁起が悪いからといいます。

現在ではそれも形ばかりになりつつあり、新札なら一度折って入れる方も少なくないようです。

逆にシワが多かったり、汚れがあったりするようなお札も避けましょう。

ふくさの畳み方

お香典はふくさに包んで持参します。

ふくさをひし形に置き、右、下、上、左の順で四隅を畳みます。

また、ふくさは寒色系のものを選びましょう。

慶長どちらも使える紫色のものがおすすめです。

お香典の渡し方

お香典の渡し方については、受付で記帳する際に渡します。

「この度はご愁傷様です」などと簡単に挨拶した後、芳名帳に自分の氏名や住所を記入します。

その後、ふくさの上にお香典を出し、相手が見やすいよう封筒の向きを変え、ふくさに載せたまま手渡します。

以上が家族葬での香典袋(不祝儀袋)の書き方の基本です。

これらのマナーを守りながら、故人に対する敬意を示しましょう。

家族葬における香典:身内として参列する親族の範囲

家族葬における香典の提供については、特別な規定が存在するわけではなく、一般葬との間にも大きな違いはありません。

通常、故人の両親、子供とその配偶者や家族、兄弟姉妹までが香典を提供する範囲とされます。

しかし、最終的には故人との関係性や生前の交流の程度によるところが大きいです。

特に香典を提供しないとされるのは、未成年者やまだ社会人になっていない学生、故人と同じ屋根の下で暮らしていた子どもや孫、また喪主といった親族です。

ただし、子供や孫でも、別居している場合は、香典を提供するのが一般的なマナーとされています。

これらの指針を踏まえつつ、各自が故人との関係性や状況を考慮して判断し、香典の提供を行うことが求められます。

香典は故人への敬意や思いを表現する重要な一部であり、そのマナーを理解し適切に行動することが大切です。

家族葬の香典:ご遺族の感情と状況を尊重しましょう

家族葬を選択する背景には、故人や遺族の様々な事情や感情が絡んでいます。

参列者としての対応や香典の提供についても、遺族の意志を最優先に考慮することが基本的なマナーとなります。

ときには、押し付けがましい香典が、遺族にとって追加的なストレスや負担を生む可能性もあるため、慎重な対応が求められます。

家族葬での香典提供では、金額そのものよりも、故人に対する敬意や思い出を尊重し、遺族の状況や感情を配慮する気持ちが何より重要となります。

それぞれの立場から、故人を偲び、遺族の負担を軽減するための配慮を行うことが、家族葬における良き参列者としての態度と言えるでしょう。

家族葬での香典返し:その手続きとマナー

家族葬では一般的な葬儀とは異なり、規模も小さく、香典についても取り扱いが特殊な場合があります。

しかし、予期しない香典を受け取る場面も想定されるため、香典返しについてあらかじめ準備しておくことが大切です。

香典返しの手続き

基本的な香典返しの手続きとしては、大勢の弔問客が予想される葬儀と同様に、即日返しとされています。

葬儀社が用意し、その場で参列者に香典返しをお渡します。

家族葬でも同じく参列者の数を把握し、その人数分の香典返しを準備すると良いでしょう。

香典返しは弔事が終わったことを示す意味合いも含まれています。

昔は四十九日の法要が終了した後に香典返しをすることが一般的でしたが、現在では当日返しのスタイルも広まっています。

ただし、高額な香典をいただいた場合は、後日、金額に応じた香典返しを追加することもあります。

香典返しのマナー

香典返しの相場は「半返し」ですが、高額な香典に対しては、遺族の負担を考慮して1/3~1/4程度の返礼でも問題ありません。

その際は、感謝の気持ちを伝えるお手紙を同封することを忘れないようにしましょう。

香典返しの品物には、消え物、つまり消耗品が適しています。

これは葬儀という不祝儀を後に残さないという意味が含まれています。

一般的な香典返しとしては、お茶、海苔、洗剤などが考えられます。

ただし、葬儀が重なると同じ品物が集まることもあるため、最近では好きなものを選べるカタログギフトが人気です。

さらに、家族葬ならではの香典返しとして、故人との思い出がしのばれる品物を選ぶのも一つの手です。

親しい間柄だからこそ、贈ることで受け取った側の悲しみが和らぐ可能性があります。

以上が家族葬での香典返しの基本的な手続きとマナーです。

大切なのは心からの感謝の気持ちを伝えることで、それが適切な形で表現されることにより、故人への敬意も示されます。

まとめ

家族葬での香典袋(不祝儀袋)の書き方や提供について詳細に説明しました。

家族葬であっても、一般的な葬儀と同様のマナーが求められ、その際の注意点や宗教による差異も理解することが大切です。

特に、袋の表書きには、宗教による違いがあるため、適切な表現を使うことが必要です。

また、名前の記入やお札の入れ方、ふくさの畳み方や香典の渡し方についても、一定のマナーがあります。

香典を提供する際の一番大切なことは、故人を偲ぶ心と、遺族の感情や事情を尊重することです。

具体的な行為や表現以上に、その思いやりの気持ちが大切です。

また、参列する親族の範囲についても触れました。具体的な決まりはなく、故人の生前の交友関係や家族構成によりますが、一般的には故人の親や子供、兄弟姉妹が参列の範囲とされます。

以上の内容を理解し、家族葬に参列する際には、故人を敬い、遺族を尊重する行為を心がけましょう。

家族葬の無料資料請求をおススメします。

家族葬を行っているところでは、事前に資料請求するとしっかりとした解説書やエンディングノートなどを無料で入手することができます。

また、事前に資料請求すると大幅な割引があるところがほとんどです。

数社の内容を検討するには、まず無料で資料請求をすることを、おススメします。

下記のところでネット経由で資料請求の申し込みができます。1日~2日ほどで届けられます。

「よりそうお葬式」の資料請求

こちらは、[PR]よりそうのお葬式 で資料請求してみたものです。

よりそうお葬式

「お葬式読本」「お葬式の選び方」や割引の案内などがすぐに届きました。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]よりそうのお葬式

 

「心に残る家族葬」の資料請求

こちらは、[PR]心に残る家族葬の資料請求したものです。

心に残る家族葬

丁寧な会社のご挨拶、お葬式プランの案内、「エンディングノート」が送られてきました。

エンディングノートは充実した内容です。市販のものを買う必要はなくなるくらいです。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]心に残る家族葬

家族葬をプランに組み込んでいる案内です。もしもの時に慌てないように、各社資料請求をしておいて比較検討すると心強くなります。

資料請求は、全て無料です。

家族葬とは?費用や流れ?どこまで呼ぶの?葬儀会社選びの注意点
家族葬とは、大規模な葬儀ではなく、家族や近親者のみで行う葬儀のことです。 一般的には弔問客が来ないため、遺族が対応する必...
家族葬の型式別解説/宗教式、無宗教式、自由葬(火葬式/通夜葬/自然葬散骨/生前葬)
家族葬で一般的に多いのは仏式の葬儀になります。 家族葬は、身内やごくごく親しい人たちの少人数で行う葬儀です。 今までの葬...
葬儀を行わないで見送る/火葬式/直葬/荼毘葬
ここでは火葬場でのシンプルなお別れの儀式を行い火葬するという家族葬の考えをまとめてみます。 火葬式の背景/火葬式/直葬/...

 

家族葬の悩みはこちらへ
【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
[PR]
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
[PR]
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応
お墓探しや自然葬は
全国海域対応,粉骨費用込み,追加費用なしの安心の葬送業者は【みんなの海洋散骨】
[PR]

全国の海域に対応する数少ない散骨のプロの業者です。

  • 海域,土日祝同一料金のため、場所や日柄によって費用が変わることはありません。
  • 粉骨込みで追加費用は一切ございません。
  • 豊富な手元供養品もご用意
  • 一部を分骨して身近においておくことも可能です。
  • GPSを記録した散骨証明証をお届けいたします。
  • 10年以上、全国で1000様以上の豊富なサポート実績がありあり
  • 墓じまいを検討されているご遺族

海洋散骨という供養の形はまだまだ新しいです。 しかし、海に囲まれる日本において、今後お墓だけではなく、供養の形として選ばれる海洋葬での供養を

お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による粉骨・散骨サービス
[PR]

▼粉骨とは
粉骨とはご遺骨を専用の粉砕機に入れ木目細かいパウダー状にすることです。パウダー状にすることで容量が4分1ほどにコンパクトになりますので、ご自宅に保管し手元供養に向いています。また、樹木葬などにも適しており、粉骨することで葬送の選択肢が増えます。

▼散骨とは
散骨とは葬送のひとつでお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため年々利用者が増えております。粉骨したご遺骨を、お客様に代わり東京湾沖にて代理散骨します。

■サービス
ミキワの粉骨・散骨サービスはご遺骨の引き取り(訪問)、郵送、来社にてお預かりし、綺麗に洗浄後しっかり乾燥させて木目細かいパウダー状にします。

散骨をご希望の方は担当スタッフがお客様に代わり、東京湾沖にて代理散骨いたします。

ご遺骨の郵送費はすべてミキワが負担いたします。

・お墓が購入できない方。
・墓じまい後、ご遺骨の供養先がみつからない方。
・遺骨を手放すことができない方。
・お墓に入りたくない方。
・海に散骨したい方。

小型クルーザーでの家族だけの海洋散骨シーセレモニー
[PR]
  • 海洋記念葬シーセレモニーは小型クルーザーを貸切での海洋散骨サービスです。
  • 親しいご家族だけの貸切で散骨なので故人様との最後の時間を大切にしながら送り出していただけます。
  • 貸切での海洋散骨を行う他社は25万円程度が相場のところ9万円から可能。
  • 墓じまいや費用を掛けずにご供養したいという時代のニーズにお応え。
  • 故人様が生前に海が好きだった、その意思を汲んで海洋散骨される方が多いです。
  • 様々な事情からお墓に入りたくない、広い海に散骨してほしいといった要望もあります。
  • 決まったお墓を持っていない方や、費用を抑えて供養したい方。
お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による墓じまいサービス
[PR]

▼墓じまいとは
墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。
お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由で墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。

お墓のミキワの墓じまいサービスはお墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットにしました。
墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配もお任せください。ご相談・お見積りは全て無料です。

老舗墓石見積もり比較サイト「墓石ナビ」
[PR]

墓石ナビは全国の優良石材店からの一括見積りが無料で出来るサイトです。

サイト開設から10年近く毎年、2,000件を超えるお問い合わせを頂いております。

墓石の購入・墓じまい等を検討している方へ

石材は各業者の得意不得意が極端にあるため、見積もりにばらつきが出やすい業種なので複数社で同一の要望を出して比較検討を行いましょう。

遺品の整理はこちら
出張買取専門の【遺品の整理屋さん】
[PR]
  • 遺品整理と生前整理を専門に対応
  • 通常の業者と違い、買取知識にたけて、他社遺品整理業者よりもお安く作業
  • もともと買取の会社ですので逆に買取金額をお渡しするケースのほうが多い
  • フットワークの軽さを売りにしているので急なご不幸の際にも最短30分で出張査定の段取りを行います。
  • 出張費、査定費は、もちろん無料です。
【累計お問合わせ数10万件突破!】<遺品整理>業者ご紹介サービス【EMEAO ! 】
[PR]

EMEAO!(エミーオ!)は 「完全無料で簡単・スピーディーに、要望に合った優良業者の紹介を受けられる 高品質の業者探し代行サービス」です。

ユーザー様は5分ほどのヒアリングに答え、業者からの連絡を待つだけ。

コンシェルジュが第三者機関審査済みの優良な登録500社から 希望に合う業者を厳選し、最大8社・平均4社紹介します。

ユーザー様は発注先探しを丸投げいただけるので、 手間なくスピーディーに最適な業者を見つけられます。

EMEAO!は完全無料のサービスで、発注は必須ではありません。

お気軽にご利用いただけます。

家族葬
ふぁみりをフォローする
KazokuSou
タイトルとURLをコピーしました