このサイトには広告が含まれます。

孫とその配偶者は家族葬に参列すべき?参列の際マナーとポイントは?

家族葬は親しい家族や親族だけで行われる心温まる儀式ですが、孫やその配偶者が参列する際のマナーやエチケットはどうあるべきでしょうか。

この記事では、孫とその配偶者が家族葬に参列する際の注意点やマナーを詳しく解説します。

家族葬に参加することで故人との最後のお別れを大切にし、適切な形で故人を偲ぶためのガイドとしてお役立てください。

家族葬とは?費用や流れ?どこまで呼ぶの?葬儀会社選びの注意点
家族葬とは、大規模な葬儀ではなく、家族や近親者のみで行う葬儀のことです。 一般的には弔問客が来ないため、遺族が対応する必...
家族葬の型式別解説/宗教式、無宗教式、自由葬(火葬式/通夜葬/自然葬散骨/生前葬)
家族葬で一般的に多いのは仏式の葬儀になります。 家族葬は、身内やごくごく親しい人たちの少人数で行う葬儀です。 今までの葬...
葬儀を行わないで見送る/火葬式/直葬/荼毘葬
ここでは火葬場でのシンプルなお別れの儀式を行い火葬するという家族葬の考えをまとめてみます。 火葬式の背景/火葬式/直葬/...

 

家族葬とは: 孫とその配偶者が参列する際のマナー

家族葬とは、一般的に家族や親族だけで行われる小規模な葬儀のことを指します。

大規模な葬儀と違い、参加者は故人と密接な関係にある人々だけです。

このような独特の環境では、孫やその配偶者もしばしば参列することがあります。

しかし、家族葬は非常にプライベートな場であるため、特にマナーやエチケットが重視されます。

孫とその配偶者が参列する意義

孫とその配偶者が家族葬に参列することは、故人にとっても非常に意義深い行為です。

孫は故人にとって次世代を象徴する存在であり、その配偶者は家族の一員として新たなつながりを持っています。

そのため、孫とその配偶者が参列することで、故人は家族がしっかりと繋がっていることを感じ、安堵するでしょう。

マナーの基本

家族葬に参列する際の基本的なマナーは、故人とその家族に対する最大限の尊重です。具体的には、以下のようなポイントがあります。

  • 服装: 喪服や黒を基調とした控えめな服装を選びます。
  • 時間: 開始時間よりも前に到着し、故人や家族を待ちます。
  • 言葉遣い: 敬語を使い、丁寧な言葉遣いを心掛けます。
  • 香典: 事前に家族の方針に従い、適切な金額の香典を用意します。

孫とその配偶者におすすめのマナー

孫とその配偶者が参列する場合、特に注意したいのは「香典」です。

家族葬では、香典の取り扱いが家族によって異なる場合があります。

事前に確認し、必要ならば香典を用意してください。また、孫の配偶者が初めて家族葬に参加する場合は、基本的なマナーを孫から教わることも一つの方法です。

このように、家族葬は故人を偲ぶ大切な場です。孫とその配偶者が適切なマナーを守ることで、故人の思い出を尊重し、家族全体で故人を送り出すことができます。

孫の配偶者の参列: 家族葬での役割とマナー

家族葬は、故人との絆が深い家族や親族だけで行われる葬儀です。

その中で、孫の配偶者の参列はどのように考えられるのでしょうか。

ここでは、孫の配偶者が家族葬に参列する際のポイントやマナーについて詳しく解説します。

孫の配偶者とは

孫の配偶者とは、孫が結婚して家族として迎え入れたパートナーのことを指します。

彼らは血の繋がりはないものの、結婚を通じて家族の一員となります。

そのため、家族葬においても「身内」としての位置づけがされることが多いです。

参列の基本

家族葬において、孫の配偶者は基本的に参列することが期待されます。

故人との関係性や家族の絆を示すため、孫の配偶者も葬儀に参加することで家族としての絆を強化することができます。

参列を選ばない場合の理由

しかし、すべての場合に孫の配偶者が参列するわけではありません。

以下のような理由で参列を選ばないことも考えられます。

  • 家族間の関係性: 故人や家族との関係性が希薄である場合や、何らかの事情で関係がこじれている場合は、参列を控えることが適切であるかもしれません。
  • 孫夫婦の判断: 孫夫婦が二人で話し合い、配偶者の参列が適切でないと判断した場合。例えば、配偶者が故人との思い出が少ない、または葬儀に参加することで感情的に辛くなる可能性がある場合など。
  • その他の事情: 仕事や健康上の理由、他の予定が重なるなど、様々な事情で参列が難しい場合もあります。

孫の配偶者の参列は、家族葬において大切なポイントの一つです。

しかし、参列するかどうかは家族の状況や関係性、孫夫婦の判断によって変わることがあります。

大切なのは、故人を偲ぶ心と、家族としての絆を大切にすること。それを基に、最善の選択をすることが求められます。

家族葬の参列者の範囲: 誰が参加するのか

家族葬は、その名の通り家族や親族を中心に行われる葬儀です。

しかし、「家族」とは一体どこまでを指すのでしょうか。

ここでは、家族葬における参列者の範囲について、わかりやすく詳しく解説します。

家族葬の特徴

家族葬は、大規模な一般葬とは異なり、故人との絆が深い家族や親族だけで行われる葬儀です。

そのため、参列者の範囲は限定されることが一般的です。

参列の基準とは

家族葬の参列者の範囲には、厳密な基準やルールは存在しません。

それは、家族葬がそれぞれの家族の価値観や故人との関係性に基づいて行われるからです。

しかし、一般的な傾向として以下のような点が挙げられます。

  • 直系の血族: これには、故人の配偶者、子供、孫などが含まれます。これらの人々は、故人との絆が非常に深いため、基本的には参列することが期待されます。

  • 傍系の親族: これには、兄弟姉妹、従兄弟、叔父叔母、甥姪などが含まれます。傍系の親族の参列は、故人や家族との関係性、または家族の意向によって決まることが多いです。例えば、故人と非常に親しい関係にあった従兄弟であれば参列することが考えられますが、遠く離れた場所に住む甥姪であれば参列しないことも考えられます。

参列を決める際のポイント

家族葬の参列者を決める際には、以下のようなポイントを考慮すると良いでしょう。

  1. 故人との関係性: 故人との関係が深い人、または故人が生前親しくしていた人を優先的に考慮します。
  2. 家族の意向: 家族全体で話し合い、参列者の範囲を決定します。特に、故人の配偶者や子供の意向を重視することが多いです。
  3. 葬儀の規模: 家族葬の場所や規模によっても、参列者の数を調整することが考えられます。

家族葬の参列者の範囲は、家族の価値観や故人との関係性に基づいて決定されます。

直系の血族は基本的に参列することが期待される一方、傍系の親族は家族の意向や関係性によって参列するかどうかが決まります。

大切なのは、故人を偲ぶ心と、家族としての絆を大切にすること。それを基に、最善の選択をすることが求められます。

香典について: 家族葬でのマナーと相場

家族葬に参列する際、多くの人が気になるのが「香典」に関するマナーです。

香典とは、故人への哀悼の意を示すために贈るお金のことを指します。

家族葬では、香典の取り扱いが一般的な葬儀とは異なる場合があります。

ここでは、家族葬での香典に関するマナーや相場について詳しく解説します。

家族葬での香典の特徴

家族葬は親しい家族や親族だけで行われる葬儀のため、香典の取り扱いも一般的な葬儀とは異なることが多いです。具体的には、以下のような特徴があります。

  • やり取りが分かれる: 家族葬では、香典を受け取る家族や親族の間で、香典のやり取りの方法や金額が異なる場合があります。これは、家族の意向や故人との関係性によって変わることが多いです。

  • 世帯で一つの香典: 一般的に、家族葬に参列する際は、一つの世帯(家族)で一つの香典を包むのが基本とされています。これは、家族葬が親しい家族や親族を中心に行われるため、一つの世帯としての哀悼の意を示すことが求められるからです。

香典の金額の相場

香典の金額の相場は、故人との関係性や地域、家族の意向などによって異なります。しかし、一般的な傾向として以下のような点が挙げられます。

  • 直系の血族: 故人との関係が深い直系の血族は、一般的に高額な香典を包むことが期待されることが多いです。
  • 傍系の親族や友人: 故人との関係がそれほど深くない傍系の親族や友人は、相場よりもやや低めの金額を包むことが一般的です。

香典を差し出す際のマナー

香典を差し出す際のマナーは、故人や家族への敬意を示すためのものです。以下のようなポイントを心掛けると良いでしょう。

  • 封筒: 香典は専用の封筒に入れて渡します。この封筒は、葬儀用品店や一部の文房具店で購入することができます。
  • 名前の記入: 封筒の表面には、差し出す人の名前を明記します。家族で一つの香典を包む場合は、家族の代表者の名前を記入します。
  • 渡すタイミング: 葬儀の受付で香典を渡すのが一般的です。受付のスタッフや家族に、封筒を手渡しする際は、封筒の表面(名前の記入された面)を上にして渡します。

家族葬に参列する際の香典に関するマナーは、故人や家族への敬意を示すためのものです。

香典の金額や取り扱いに関しては、家族の意向や故人との関係性を考慮しながら、適切な方法を選ぶことが大切です。

参列時の服装: 家族葬での正しいドレスコード

家族葬に参列する際、最も気をつけたいのが服装です。

故人への敬意を示すため、適切な服装を選ぶことが求められます。

初めて家族葬に参列する方や、何を着ていけば良いのか迷っている方のために、参列時の服装について詳しく解説します。

基本的な考え方

家族葬に参列する際の服装の基本は、故人への敬意を示すことです。そのため、派手な色やデザインは避け、控えめで格式のある服装を選ぶことが大切です。

男性の服装

  • ブラックフォーマル: 男性の場合、一般的にブラックフォーマルと呼ばれる喪服を着用します。これは、黒のスーツに白いシャツ、黒のネクタイを組み合わせたものです。
  • 靴と靴下: 靴は黒の革靴を選び、靴下も黒を選ぶことが一般的です。
  • 小物: ベルトや時計などの小物も、黒やダークカラーを選ぶことが推奨されます。

女性の服装

  • 黒のアンサンブル: 女性の場合、黒のアンサンブルやワンピースを選ぶことが一般的です。アンサンブルは、上下セットのものを指し、ワンピースは一枚で全体がまとまったドレスのことを指します。
  • 靴と靴下: 靴は黒のパンプスを選び、靴下やストッキングも黒やダークカラーを選ぶことが推奨されます。
  • 小物: バッグや手袋、帽子などの小物も、黒やダークカラーを選ぶことが一般的です。特に、帽子は故人への敬意を示すためのアイテムとして、多くの場合で着用されます。

家族葬に参列する際の服装は、故人への敬意を示すためのものです。

男性はブラックフォーマル、女性は黒のアンサンブルやワンピースを選ぶことが基本となります。

また、小物も黒で統一することで、全体の印象をまとめることができます。

故人を偲ぶ大切な場である家族葬に参列する際は、適切な服装を選ぶことで、故人への最後の敬意を示すことができます。

家族葬に参列する際の持参すべきもの: 必需品リスト

家族葬に参列する際、故人への敬意を示すために必要なアイテムがいくつかあります。

初めての参列や、何を持っていけば良いのか迷っている方のために、家族葬に参列する際の持参すべきものを詳しくリストアップします。

香典

  • 意味: 香典は、故人への哀悼の意を示すために贈るお金のことです。
  • 準備: 香典は専用の封筒に入れて持参します。封筒は葬儀用品店や一部の文房具店で購入できます。また、金額は故人との関係性や地域の慣習に基づいて決めることが一般的です。

数珠

  • 意味: 数珠は、仏教の葬儀において、故人を偲ぶ際の祈りの道具として使用されます。
  • 準備: 男性は左手、女性は右手に数珠を持つのが一般的です。自宅に数珠がない場合、葬儀用品店で購入することができます。

ハンカチ

  • 意味: 葬儀は感情が高まる場面が多いため、涙を拭くためのハンカチが必要となります。
  • 準備: できるだけシンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう。また、予備として複数枚持っていくことも考えられます。

その他のアイテム

  • 黒の傘: 葬儀の日が雨の場合、黒の傘を持参することが推奨されます。
  • 手袋: 冬場の葬儀や、女性がドレスコードとして手袋を着用する場合があります。
  • 名刺: 葬儀の受付で名刺を渡すことが求められる場合があります。事前に名刺を準備しておくと良いでしょう。

家族葬に参列する際の持参すべきものは、故人への敬意を示すためのものです。

香典や数珠、ハンカチなど、必要なアイテムを忘れずに持参することで、故人への最後の敬意を示すことができます。

初めての参列や、何を持っていけば良いのか迷っている方は、このリストを参考に準備をしてください。

小さい子どもの参列: 家族葬での注意点と配慮

家族葬には、故人との絆を持つ家族全員が参列することが多いです。

その中には、孫夫婦の小さい子どもも含まれることがあります。

しかし、小さい子どもが参列する際には、特別な配慮や準備が求められることがあります。

ここでは、小さい子どもの家族葬への参列に関する注意点や配慮について詳しく解説します。

1. 葬儀の雰囲気への理解

  • 事前の説明: 小さい子どもには、葬儀の意味や雰囲気、行事の流れなどを簡単に説明して、何が行われるのかを理解させることが大切です。
  • 感情の共有: 故人との関係や、家族の悲しみなどの感情を、子どもにも適切な言葉で伝えることで、子どもも故人を偲ぶことができます。

2. 葬儀の妨げにならない配慮

  • 場所の確認: 葬儀の会場には、子どもが過ごしやすいスペースや控え室があるか事前に確認しておくと良いでしょう。子どもが騒いだり、泣いたりした場合に、一時的に退席できる場所があると安心です。
  • 持ち物の準備: 子どもが飽きないように、絵本やおもちゃを少し持参することを考えても良いです。ただし、音の出るおもちゃなどは避けるようにしましょう。

3. 服装や行動のマナー

  • 服装: 子どもも、できるだけ黒やダークカラーの服を選ぶことが推奨されます。また、動きやすい服装を選ぶことで、子どもも快適に過ごすことができます。
  • 行動: 葬儀中は、大人と同じように静かに過ごすことが求められます。事前に、静かにすることや、周りの人に迷惑をかけないようにすることを子どもに伝えておくと良いでしょう。

家族葬に小さい子どもが参列する際には、故人への敬意を示すための配慮や準備が必要です。

孫夫婦や家族が、子どもの参列に関する注意点やマナーを理解し、適切な対応をすることで、子どもも家族葬に参加し、故人を偲ぶことができます。

職場への忌引き申請: 孫の配偶者の権利と手続き

家族の死を迎えた際、多くの企業や組織では「忌引き休暇」という制度が設けられており、従業員が一定の期間休暇を取得できるようになっています。

孫の配偶者もこの休暇を取得することが可能ですが、初めての経験や詳しい手続きがわからない方も多いでしょう。

ここでは、孫の配偶者が職場への忌引き申請を行う際の基本的な知識と手続きについて、初心者の方にもわかりやすく詳しく解説します。

1. 忌引き休暇とは

  • 定義: 忌引き休暇は、家族の死を迎えた際に取得できる休暇のことを指します。この休暇は、葬儀や法要などの儀式に参加するため、また、心の整理をするための時間として提供されます。

2. 孫の配偶者の取得権利

  • 対象者: 多くの企業や組織では、孫の配偶者も忌引き休暇の対象者として認められています。しかし、詳しい取得条件や日数は、所属する企業や組織の就業規則によって異なる場合があります。
  • 取得できる日数: 一般的には、孫の配偶者の場合、1〜3日程度の忌引き休暇を取得できることが多いです。しかし、これも所属する企業や組織の就業規則によって異なります。

3. 申請方法

  • 事前の連絡: 家族の死を知った際、まずは上司や人事部門にその旨を伝えることが大切です。これにより、業務の調整や代理の手配などがスムーズに行われます。
  • 申請書の提出: 忌引き休暇を正式に取得するためには、申請書の提出が必要となる場合が多いです。申請書は、人事部門や管理部門から入手できることが一般的です。
  • 必要書類の添付: 葬儀の案内状や死亡診断書など、忌引き休暇の取得を証明するための書類を添付する必要がある場合があります。

孫の配偶者も、家族の死を迎えた際には忌引き休暇を取得する権利があります。

この休暇を取得するためには、所属する企業や組織の就業規則を確認し、適切な手続きを行うことが必要です。

家族の死は突然のことであり、多くの感情や手続きが必要となる場面ですが、忌引き休暇を適切に取得することで、心の整理や家族との時間を大切に過ごすことができます。

まとめ: 家族葬参列のマナーと故人を偲ぶ心構え

家族葬は、故人との絆を深く持つ家族や親族が集まり、故人の生涯を偲ぶ大切な場です。

そのため、参列者としては、適切なマナーや心構えを持って臨むことが求められます。

1. 基本的なマナーの再確認

  • 服装: 故人への敬意を示すため、黒やダークカラーの控えめな服装を選びます。男性はブラックフォーマル、女性は黒のアンサンブルやワンピースが一般的です。
  • 持参すべきもの: 香典、数珠、ハンカチなど、葬儀に必要なアイテムを忘れずに持参します。
  • 行動: 葬儀中は静かに過ごし、他の参列者や家族の気持ちを尊重するよう心掛けます。

2. 故人の最期を見届ける配慮

  • 時間厳守: 葬儀や法要は、故人の最期を見届ける大切な時間です。遅刻せず、時間通りに会場に到着することが大切です。
  • 感謝の気持ち: 故人との思い出や、過ごした時間を振り返り、心からの感謝の気持ちを持つことが大切です。

3. 故人を偲ぶ心構え

  • 敬意を持って参列: 故人を偲ぶための家族葬に参列する際は、心からの敬意を持って臨むことが求められます。
  • 家族や親族との絆を深める: 家族葬は、故人を偲ぶだけでなく、家族や親族との絆を深める機会でもあります。参列者としては、家族や親族とのコミュニケーションを大切にすることが推奨されます。

最後に

家族葬に参列する際は、故人への敬意や家族との絆を大切にする心構えが求められます。適切なマナーや注意点を守りながら、故人の生涯を偲ぶ時間を大切に過ごしましょう。

家族葬の無料資料請求をおススメします。

家族葬を行っているところでは、事前に資料請求するとしっかりとした解説書やエンディングノートなどを無料で入手することができます。

また、事前に資料請求すると大幅な割引があるところがほとんどです。

数社の内容を検討するには、まず無料で資料請求をすることを、おススメします。

下記のところでネット経由で資料請求の申し込みができます。1日~2日ほどで届けられます。

「よりそうお葬式」の資料請求

こちらは、[PR]よりそうのお葬式 で資料請求してみたものです。

よりそうお葬式

「お葬式読本」「お葬式の選び方」や割引の案内などがすぐに届きました。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]よりそうのお葬式

 

「心に残る家族葬」の資料請求

こちらは、[PR]心に残る家族葬の資料請求したものです。

心に残る家族葬

丁寧な会社のご挨拶、お葬式プランの案内、「エンディングノート」が送られてきました。

エンディングノートは充実した内容です。市販のものを買う必要はなくなるくらいです。

[PR]

こちらで資料請求できます。→[PR]心に残る家族葬

家族葬をプランに組み込んでいる案内です。もしもの時に慌てないように、各社資料請求をしておいて比較検討すると心強くなります。

資料請求は、全て無料です。

家族葬とは?費用や流れ?どこまで呼ぶの?葬儀会社選びの注意点
家族葬とは、大規模な葬儀ではなく、家族や近親者のみで行う葬儀のことです。 一般的には弔問客が来ないため、遺族が対応する必...
家族葬の型式別解説/宗教式、無宗教式、自由葬(火葬式/通夜葬/自然葬散骨/生前葬)
家族葬で一般的に多いのは仏式の葬儀になります。 家族葬は、身内やごくごく親しい人たちの少人数で行う葬儀です。 今までの葬...
葬儀を行わないで見送る/火葬式/直葬/荼毘葬
ここでは火葬場でのシンプルなお別れの儀式を行い火葬するという家族葬の考えをまとめてみます。 火葬式の背景/火葬式/直葬/...

 

家族葬の悩みはこちらへ
【NHK紹介】全国対応 8.91万円からのお葬式【よりそうお葬式】
[PR]
  • 「よりそうお葬式」は日本全国でお葬式を行えるサービスです。
  • 一般的なお葬式から身内のみで行う家族葬、 火葬場にて火葬のみを行う火葬式まで
  • 明朗価格の葬儀プラン 不明瞭で高額と言われる従来のお葬式の問題を見直し必要なものだけに絞った低価格のプランにまとめました。
  • 全国の斎場が使える 全国約4,000箇所の斎場と提携。 人気の斎場から寺院などご希望のエリアででお葬式ができます。
心に残る家族葬|葬儀プランの資料請求ができます。
[PR]
  • 追加費用0円の格安な葬儀「心に残る家族葬」
  • ニーズに合わせて8つの葬儀プランを24時間365日・全国提供しています。
  • 中でも必要最低限に絞った税込89100円のプランは、業界の中でも最安水準
  • 143000円のプランは業界初となる全額返金保証制度
  • 全額返金保証のルールは「ご逝去後に行う打合せで提示する『見積額』よりも、実際にお支払頂く『請求額』が1円でも上回った場合に返金」(但し、お料理や返礼品、香典返しなどは人数によって変動するため除きます)
  • 不透明だと言われている葬儀費用ですが、全額返金保証を付けることでお客様に安心を提供できると自負しています。
  • 全国で3500以上の斎場と提携しております。
  • 類似サービスの中では唯一、火葬料込みです(89100円のプランは除く)
  • 必要最低限が含まれておりますので追加費用は基本的にかかりません
  • 24時間365日、全国対応です
  • 依頼後、おおよそ1時間以内に病院にお伺いします
  • 寺院のお手配を全国で35000円~にて対応
  • 葬儀後のアフタフォロー(法事法要や相続やお墓、仏壇等の)も対応
お墓探しや自然葬は
全国海域対応,粉骨費用込み,追加費用なしの安心の葬送業者は【みんなの海洋散骨】
[PR]

全国の海域に対応する数少ない散骨のプロの業者です。

  • 海域,土日祝同一料金のため、場所や日柄によって費用が変わることはありません。
  • 粉骨込みで追加費用は一切ございません。
  • 豊富な手元供養品もご用意
  • 一部を分骨して身近においておくことも可能です。
  • GPSを記録した散骨証明証をお届けいたします。
  • 10年以上、全国で1000様以上の豊富なサポート実績がありあり
  • 墓じまいを検討されているご遺族

海洋散骨という供養の形はまだまだ新しいです。 しかし、海に囲まれる日本において、今後お墓だけではなく、供養の形として選ばれる海洋葬での供養を

お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による粉骨・散骨サービス
[PR]

▼粉骨とは
粉骨とはご遺骨を専用の粉砕機に入れ木目細かいパウダー状にすることです。パウダー状にすることで容量が4分1ほどにコンパクトになりますので、ご自宅に保管し手元供養に向いています。また、樹木葬などにも適しており、粉骨することで葬送の選択肢が増えます。

▼散骨とは
散骨とは葬送のひとつでお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため年々利用者が増えております。粉骨したご遺骨を、お客様に代わり東京湾沖にて代理散骨します。

■サービス
ミキワの粉骨・散骨サービスはご遺骨の引き取り(訪問)、郵送、来社にてお預かりし、綺麗に洗浄後しっかり乾燥させて木目細かいパウダー状にします。

散骨をご希望の方は担当スタッフがお客様に代わり、東京湾沖にて代理散骨いたします。

ご遺骨の郵送費はすべてミキワが負担いたします。

・お墓が購入できない方。
・墓じまい後、ご遺骨の供養先がみつからない方。
・遺骨を手放すことができない方。
・お墓に入りたくない方。
・海に散骨したい方。

小型クルーザーでの家族だけの海洋散骨シーセレモニー
[PR]
  • 海洋記念葬シーセレモニーは小型クルーザーを貸切での海洋散骨サービスです。
  • 親しいご家族だけの貸切で散骨なので故人様との最後の時間を大切にしながら送り出していただけます。
  • 貸切での海洋散骨を行う他社は25万円程度が相場のところ9万円から可能。
  • 墓じまいや費用を掛けずにご供養したいという時代のニーズにお応え。
  • 故人様が生前に海が好きだった、その意思を汲んで海洋散骨される方が多いです。
  • 様々な事情からお墓に入りたくない、広い海に散骨してほしいといった要望もあります。
  • 決まったお墓を持っていない方や、費用を抑えて供養したい方。
お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)による墓じまいサービス
[PR]

▼墓じまいとは
墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。
お墓を守る人がいない、お墓のある場所が遠くてなかなか行かれないという理由で墓じまいを考える人が増え、テレビや新聞でも取り上げられるようになりました。

お墓のミキワの墓じまいサービスはお墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットにしました。
墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配もお任せください。ご相談・お見積りは全て無料です。

老舗墓石見積もり比較サイト「墓石ナビ」
[PR]

墓石ナビは全国の優良石材店からの一括見積りが無料で出来るサイトです。

サイト開設から10年近く毎年、2,000件を超えるお問い合わせを頂いております。

墓石の購入・墓じまい等を検討している方へ

石材は各業者の得意不得意が極端にあるため、見積もりにばらつきが出やすい業種なので複数社で同一の要望を出して比較検討を行いましょう。

遺品の整理はこちら
出張買取専門の【遺品の整理屋さん】
[PR]
  • 遺品整理と生前整理を専門に対応
  • 通常の業者と違い、買取知識にたけて、他社遺品整理業者よりもお安く作業
  • もともと買取の会社ですので逆に買取金額をお渡しするケースのほうが多い
  • フットワークの軽さを売りにしているので急なご不幸の際にも最短30分で出張査定の段取りを行います。
  • 出張費、査定費は、もちろん無料です。
【累計お問合わせ数10万件突破!】<遺品整理>業者ご紹介サービス【EMEAO ! 】
[PR]

EMEAO!(エミーオ!)は 「完全無料で簡単・スピーディーに、要望に合った優良業者の紹介を受けられる 高品質の業者探し代行サービス」です。

ユーザー様は5分ほどのヒアリングに答え、業者からの連絡を待つだけ。

コンシェルジュが第三者機関審査済みの優良な登録500社から 希望に合う業者を厳選し、最大8社・平均4社紹介します。

ユーザー様は発注先探しを丸投げいただけるので、 手間なくスピーディーに最適な業者を見つけられます。

EMEAO!は完全無料のサービスで、発注は必須ではありません。

お気軽にご利用いただけます。

家族葬
ふぁみりをフォローする
KazokuSou
タイトルとURLをコピーしました